カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年12月 6日 (水)

もやっと&宣伝

 自分でスケジュールを立てていく上で、コンスタントにやらなければならないこと(オケ業務や指導校レッスン)、イレギュラーに人から依頼されること(個人レッスンや、お仕事)、時間をかけて準備すること(コンクールやリサイタル)をどのようなバランスで入れていくか。 自分なりに考えてやってきましたが、この夏以降は敢えて詰め過ぎないよう、計画をして?きました。
 複数の事柄に追われ過ぎず、1つの事に時間をしっかりかけて、充実感が得られる…かな?と思っていましたが  なかなか上手くいかない。どころか調子を崩す始末。時間に追われていないのにミスをするという・・

 もしかしたら、このペースを続けていることによって、少しずつ好転するのかも知れませんが。。後悔の一つは、この冬にアンサンブル演奏会をやるべきだったかなぁということ。例年のペースだと、出来たんだよなあ・・
 職業柄、休みを確保できる日はなかなか見極め辛く、来年のスケジュール(オーケストラは一年先までほぼスケジュールが出てるので)を見る限り、うーん、どこに入れれるかな、他のメンバーのスケジュールも勿論重要ですし。

 色々「もやっと」していますが、日常は進んで年末。年賀状は無事購入(値上げはせず、新年8日以降の発送は高くなるそうで・・) 今年は○年ぶりにメサイアにも出演(ここ数年はマスターJoelに任せっぱなしでした)年の瀬を感じ、翌日は、楽しみにしていた「兵士の物語」の本番。

Nec_2713この曲は未だに著作権が保護期間内の為、レンタル譜の料金の他、上演にかかるお金も高額で、なかなか気軽に演奏が出来ない曲の1つ(演奏会で行う場合4千円以上の入場料を取らないと元がとれない程)ですが、今回、ある学校内の無料のPTA向けの演奏(closed)ということで、比較的安価で、上演に漕ぎつけられたとのこと。

Image1語りを含めた演奏メンバーと。ようやく、この曲を演奏できた事に感謝。最年少、松田にも助けられた!来月にはオケで「春の祭典」もするので、そちらも気合いを入れて。

Nec_2731今週は12月定期。マエストロ・シモーノがいらっしゃる回には、最近打楽器側の出番のことが多く・・小編成ながら、シビアな雰囲気の前プロのみ担当しております。

 とある占いの本によると(セブンでちらっと見ただけですが)昨秋からの1年は耐える運勢だそうで!?早く「スッキリ♪」になりたいんだけどなー、、芽が出ない時は、根を地に伸ばせと、誰かに言われましたので、黙々と。

 宣伝を忘れて終わりそうだった(笑)先週の収録が、今週と、来週に放送予定だそうです。全国で放送されるらしいですが、時間帯がまちまち・・こちらでご確認いただければ。BSのみどこでも変わらないようですね。身体は健康ですので、テンション下げ過ぎずに新年を迎えたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年8月29日 (火)

仕方ない

数日前(と思いきや、もう一週間前だ)
最後のコンクール(打楽器奏者として受ける側です)

終わりましたー、同じコンクール、三回目にして

一次予選、落ち。

。。。
色々、足りなかったなー。くそー、情けなし。

吹奏楽部の高校生が、一年では東海大会に行けず、二年では全国大会に届かず、三年生では、地区予選落ち…的な(そういう学校もあるだろうな)次の土俵は、、同じ立場では、存在しないんだなあ。

結果には納得ですし(納得の出来では無かったので)、何より不甲斐ない自分に、この歳で!呆れます。看板を背負ってること考えると恥曝しこの上ない。

しかし挑戦しない、という選択肢は早い段階からなく(六年ぶり)周りに伝わる前にコソコソと準備を始めてましたが、詰めが甘かったなと。仕方ない。



「仕方ない」という言葉は、ある種の開き直りも感じますが、前向きになる為には、有効な言葉ですね。

Nec_2386コンクールの為に、断酒してたが、結果がこれでも、仕方ない(翌日には解きました、プシュー…)

お盆過ぎにパスケースも紛失し、中の免許証等の証明書類ら再発行、電子マネーも根刮ぎ○万円使われていたが、仕方ない(以前、四万円以上入った身分証付き財布を、届けた前歴は神には届かないようで…)名前付きmanacaとSuicaの領収書を保存してたおかげで、所在はもうすぐ判明しそうですが。

終わった後に、山のように思いつくタラレバを延々自問自答したって、しかたない(それが実力ですから)



翌日、心の穴を埋めるのと、自戒の意味を込めて、ある種の禊ぎを決行(この感覚を前日までに感じてればなあ、という妄想をしても、しかた…)
え?毎年、禊ぎが趣味ですかって?来年は出来ればしたくない。。


高校で部活を引退した後も、1人練習をし続けた時と同じように、気持ちを切り替えて、次の公演に臨みます。少し強くなった?ハートで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年7月16日 (日)

未だ残席あり

 名フィルで、長野に行くと、いつも何かが起きる・・

Nec_2265まず、行きの電車が、中央線の人身事故のおかげで、1時間55分遅れ(なので、遅延払い戻しは5分足らず無し・・)で到着したら、この温度・・






Nec_2266予約した部屋が、思いがけず、マッサージチェアーつきで、少しだけ凝りをほぐして

 翌日からの体育館での文化庁公演は、「午後から雨」という予報を覆し、カンカン照りの中、90分、終えて、上田の母校の打楽器レッスンをしている間に、外は大雨、一瞬、洪水警報まで出ていたとか!?

 長野最終日(須坂)も凄い温度で・・ボディパーカッションの見本をする為に、舞台前方に行くのですが、低学年の子達(水分補給してよいことになってます)のTシャツの汗が凄くて、、それでも皆、力を振り絞り(オケ側も)の演奏会。終えて高校の先輩の職員の方が声をかけてくださったので、

「長野って、今、こんなに暑いんですか・・?」と聞いたところ

「昨日、今日は異常な暑さです」と・・ですよね・・

そして、挙げ句の果てに、名古屋にその日帰ってくると、夜は全国トップニュースになる程の道路・地下鉄の冠水・・少し遅めに長野を出た中には、電車泊のスタッフまで・・うーん、昨年度の上田公演といい、誰か、何か連れていって(連れて帰って)ますかね・・

翌日の弥富公演をもって第2クール終了。次は9月の中旬(この時も、まだ暑いだろうなあ・・)

Nec_2268_2合間を縫って、コイツに会いに行ってきました(嘘)実は、千里からモノレールに乗るのは初めてだった気がする。人生、いつ何があるかわからないので、周到に生きないとなあ。。



 明日は、豊田市でのコンサート。となりのトトロ、オーケストラストーリーほか。前にも書いたかもしれませんが、こちらのオーケストレーションは秀逸で、トトロの世界がフルオーケストラのサウンドでゴージャスに描かれています。このコンサートは、既に完売。

 残席があるのは、こちら。久々の出番ですが、今回は2日連続公演。デュオの相手は、道産子の末武さん、以前にも一度わびコンに出てもらってます。今回は、名フィルの定期にも合わせて、メキシコに縁の曲もチラホラやります。お時間ある方、是非!!

Nec_2272 最近、これまではあまり行かなかった名古屋駅の太閤口からのラーメン屋巡りをしていて、昨日も新しい店を発見。なかなか濃厚な海老ラーメンでした。そのうち激戦区になる予感・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 9日 (日)

3度目の正直

ならず…20代前半から受け続けた、あるオーディション。一回目と、今回は二次までいったがアウト(二回目は一次落ち)

なかなか、凹むことでもあります。「今日がダメでも明日がある!」と、若い頃は意気込んでいましたが、年齢制限にもひっかかる齢に気付けば突入、どんどん
「今世がダメでも来世がある!」という事項が増えてきた(´。`)

と、メンタルが弱っている時に、目に入ってくるのは、活躍している人達の経験談。たまたま、リアルタイムでこちらの途中から見ていたら、再放送も、ほぼ最初から見れて、数日前に見た内容をもう一度見るという(^^;)ずっとずっと、努力し続けて、見える道があるようで。14歳でプロ入りからの、42歳で名人。単純に格好いいと思う。そして誰にも破られないであろうと言われる、負けの記録も。

こちらの番組も大体、出演者の過去のターニングポイントなどが流れますが、惹かれる人達は、一筋縄ではいってない人生を送っている(そうじゃなくて、ハワイのリゾート情報ばかり流す回もある(笑))。

やりたい事を充分させてもらっている(我が儘放題)人生、と思う反面、「まだまだ…」という気持ちをいつまでも持ち続ける為の、苦い思い、これからもあるでしょうが、

志半ばで亡くなられてしまった方々(九州はまたもや被害甚大で…言葉がありません)もいる中、役割をしっかり果たしていくしかない…ですね。

というわけで、今週は自社をお休みして、今年度二回目の吹奏楽の本番。ここ数年、課題曲も二回ずつ演奏できて、幸せです!?

Nec_2263合間には指導の他、教え子の演奏会にも。他の楽器は古典曲が多い中(電子オルガンもあったけど)打楽器は、
ジャンベを叩いて唄う輩、テープとスピーカーを使って共演するマルチパーカッションに、ハンドパンという最近出来た打楽器を用いて自作曲を演奏する生徒と、三者三様のパフォーマンスをして、会場を沸かせていました。僕はあの歳で、ああいう演奏は出来なかったなー素直に拍手。

来週は、長野での文化庁公演、第二弾。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年5月25日 (木)

演奏会に行こう

 14日は中部打楽器フェスティバル。

Nec_2161今年は前日に行われた音楽大学合同アンサンブルと、名古屋音大のリハーサルを見学。当日は協賛各社が販売、展示していた楽器(や楽譜、は購入!)などを見学してから、演奏会後半(玲子さんのサヌカイト演奏)から拝聴。出演した3つの音楽大学(名音の他、名古屋芸大、愛知県芸)のそれぞれ特色ある演奏が面白く(名古屋芸大は、僕も昔やったことがあるStick-Stuckで、棒が折れるハプニングも、しっかりリカバリーし、bravo出ました)久々に聴いた、サヌカイトの音も、神秘的な音で(聞くと、石が作られたのは、1300年前、などではなく、1300万年!前とのことで、そんじゃそこらの全ての物質より、年月を経過している、納得の音でした)

Nec_2166例年よりは少し寂しかった客席(学校のテスト前だったらしい)も盛り上がってました。

その後の打ち上げも、各大学&協会理事の余興、恒例のビンゴ大会と、健全に(アルコール無し・・)盛り上がり終了。来年は私も、もう少し積極的に参加します故。。

 15日は文化庁公演の事前ワークショップへ。岐阜駅から車で約1時間の中学校へ。管弦打から、1名ずつ(Tp松田君と、Cb佐渡谷さん)で向かいました。1学年に20名いない学年もあり、全校で50数名、オケが来ると、演奏者の人数の方が多いという・・90分のワークショップで、質問があるかを聞いたところ、的を射た質問が多く飛び出し、また休憩中も楽器の周りに人だかりが出来るほど、素直な生徒たちで、本公演が楽しみ。

 その後、市内音楽鑑賞教室が続きましたが(昨日で終了)、世はまるで夏かと思う気温!体育館は風も通り辛く大変で・・本来5月は男性衣装=スーツですが、上着を着て演奏が難しいと判断した場合は学校の許可を得て白シャツに・・なかなか厳しい温度でした。。

 合間に、(先月に引き続き)知り合いの結婚式で演奏も。弦楽四重奏もお願いして、「美女と野獣」を演奏しましたが(先日の放送では後半カットされてましたね・・)その市販の編曲譜の出来が今ひとつで、前日に全部作り直す羽目に・・まあまあ骨が折れる作業でしたが、当日は盛り上がってたようなので、よしとしよう。久々(20年ぶり(笑))に会った幼馴染も変わらぬ顔で何より。

Nec_2186そして今日はレッスンの後、知り合いのリサイタルに行ってきました。人生3度目のサックスリサイタル(同級生の林田、堀江氏に続き)場所は、この冬から工事に入ってしまうというホール・・

 もう6度目だそうで、しかしよく考えられているプログラミングでした。

 聴きながら、色々なことが頭をかけめぐる。あれは恐らく聴こえているより難易度が高いことをやってるんだろうな、とか、ピアニストとのアンサンブルの妙とか。現代曲、シンプルな音を耳で追って、いい気持ちになりかけていると突然、違う世界に引き込まれたり(癇癪、って題名の曲だったので、完全に作曲者の術中にハマッてました(笑))

 何より、ちゃんと2時間以内で終わるのがいいよね、見習います・・

 今週末は吹奏楽の本番。昨年まで7月など夏の時期にしばらく行っていた名フィルウィンドですが、全日本吹奏楽コンクールの課題曲を演奏する関係などから、「もう少し早い時期だと(参考になって)嬉しい」という声があったとかなかったとか?で、この時期になったら、今度は学生達の定期演奏会や、何かしらの本番と重なっているので、それはそれで来れない人が多いとかいう話。。どないやねん。

また昨年までの自衛隊の方々との合同演奏ではなく、今年は名フィル単独演奏、しかし名フィルにはサックスパートは存在しませんし、クラリネットだって3名しかいないので(吹奏楽だと、3番パートまである上に特殊管もあるので、総勢10名は必要)各パートの補充は必須。どうなることやら。香川さんの協奏曲が、楽しみです。

 吹奏楽に引き続き、やってくる5月の定期演奏会(6月に行われるけど!)も、チケットの売れ行きは芳しくないとのこと。僕は恥ずかしながら、やったことのあるショスタコーヴィチの11番は知ってたけど、12番は名前のみ。しかし、今回初めて勉強してみると、結構、いや、かなり、パワフルな曲で。なかなか実演では聴けないと思うんですよね。この曲と11番とセットで定期演奏会含め、東京公演と3公演やった大フィル、恐るべし(と思ったら名フィルも以前、日比谷公会堂でやったらしい、なるほど・・)

今回、チャイコフスキーの協奏曲で来るソリストは、新しいベルリンフィルのコンサートマスターだし、注目してもらえる点は結構ある、とは思うんですが。

 先日、作曲者のお知り合いと話していて、師事していた先生から「音源(CDやレコード)なんかで勉強しちゃだめだ、生の演奏会場で聴こえてくるのと、聞こえ方が違うから、ちゃんと演奏会に行きなさい」と言われたそう。それを伺って、耳が痛かったが、本当にそうだ(が、奏者側が、努力しなければいけない部分もあるかな、とも)勿論、音楽を専攻してるかどうかは関係なく。

 その時々の演奏でしか感じられない空気を、もっと多くの人に感じてもらうには、どういうアピールが必要なのか・・。色々、自主企画もしていると、ついそういうことにも意識がいってしまいます。演奏だけに集中できるということが、どれだけ恵まれていることかを思い知ります(^^;)応援してくれる人の数を増やしていくしかないんでしょうけど。地道に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月13日 (土)

この1ヶ月

意外と時間がありまして。

4月の定期演奏会も、アンコールありで、華々しく終了(しかし5月定期は5月中にできないという・・)

Nec_2146_2その翌日のトヨタ・マスターズ・プレイヤーズ(通称TOMAS)はお休みを頂き、同僚をお祝いしに。お幸せにね。

次の1週間は、業務がなく、ご無沙汰していた人達にお会いしたり、指導、合わせ、幾つか演奏会にも向かいました。気持ちの整理がついた1週間。

Nec_2152_3そして5月、今年はGW中、オケ友音楽祭に滞在していました。

18222465_1306058296109553_2913184_2久々に参加した中高生の吹奏楽とのジョイントコンサート、今年も7人ずつのクリニック打楽器メンバーと、ホルストの第一組曲、ヘスのイーストコーストの風景(写真は高校生がサイレンを回す瞬間の前の音のみ賛助出演した瞬間(笑))と、円光寺さんの指揮の元、難曲に挑戦。本番は成果をしっかり出せてたと思います。

Dsc_00114年前にも出演した「にこにこコンサート」に今年も

Nec_2153この方と出演(このワインバーには2日もお世話になりました・・)







18199329_1308553125860070_682983797満席のママ・パパ&子ども達に美しいサックスの音色と、ドタバタの打楽器を聴いて頂き、、

Nec_2159今回(左側)をゲット!また机に飾ってます。その午後には音楽祭のフィナーレとなる名フィル本公演。3月の上田に続き、飯田でもチャイ5。クリニック受講生もたくさん聴いてる中、多くのお客様に聴いて頂き感謝、来年は10周年とのこと。

 今週は、一昨日の「春」にまつわるコンサートを終え、残りは音楽鑑賞教室週間。昨日は、作曲家のお宅で、伊福部昭先生の「管弦楽法」の本や、亡くなってしまった指揮者の書いた絵本などを真面目に、今日は指導先で「金メッキ(愛知限定の意味)」について教えてもらいました。日々勉強ですな・・日曜日は、こちらへ向かう予定。

Nec_2131合間に、移動した倉庫で棚を作ったり(ついに電動ドリルを購入してしまった)やることはまあまあある・・計画的に準備して夏を迎えたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 4日 (土)

プレゼント

2013年の年末、音楽プラザの五階で楽器を片付けてた辺りで、電話が鳴り、着信「市民芸術祭~」の表示を見た僕は、「キタコレ!」と思い、指でスッと受話器をとり

「もしもし?」
「窪田さんの携帯でしょうか?私、名古屋市~の○○です。この度はおめでとうございます!」
と言われたものだから、思わず
「ありがとうございますっ、大賞ですか!?」
と聞き返したところ

「!?いえ…大賞…ではないのですが、特別賞が…」
と伝えられ、、「あ…なるほど…あーえーっと、ありがとうございます?てかそういう賞もあったのですね…」
的な、大変失礼な応対から、丸三年。。

2016年は、倉庫で搬出を打ち合わせ中に電話が。二の舞をしないように…と
「もしもし…」

「窪田さんの携帯でしょうか?私、名古屋市~の○○です。この度は、本年度の『名古屋市民芸術祭賞』の受賞、おめでとうございます!」

と言われ
「…えーっと、それは大賞ってやつですかね?」
「あ、はい、そうです!」と言うことでようやく

Nec_2010頂けました~(右のは三年前のもの、少し素材が違う?)
前回の授賞式は、予定が重なり、直接受け取れなかったのですが、今回は休みの日になり、名古屋市芸術賞(これはまた違う選ばれ方をした人々)と一緒に、市庁舎へ行ってきました。


受賞理由に「プログラムやチラシのデザインも含めて~」

とあるのが、本当に嬉しくて。デザイナーの木村さん(旧姓は成ヶ澤さん)は、芸大寮で一緒に寮費を計算する「会計委員」をやってた頃からの友人で、僕や、くぼったの自主公演のデザインを、毎回お願いしています。昔はレンタカーもしてたなあ、懐かしい…
そして、勿論、今回の委嘱作品を書いてくださった加藤昌則さん、昨年は四回も再演させてもらった川島さんの作品、最近の演奏会ではいつもお世話になっているあをいさん、共演を快(怪?)諾してくれた圭さん、そしてスタッフの方々…

受賞の知らせがクリスマス前、授賞式が誕生日前で、それぞれ事前に頂いたプレゼントだと思ってます。感謝感謝です。お祝いのメッセージや、品まで、各方面から頂き、恐縮です。

いい事がある度に、父親から、大学合格直後に言われた言葉を思い出す。

「今が、人生の頂点にならんように、な」
と。

日々精進ですな。今日は思わぬオフ日で、久々じっくり練習、からの50日ぶりのタップダンス。膝の調子は、思ってた以上に良好。伺ったら講師の先生も昔の事故からの復帰で今があるそうで。
焦らず焦らず…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年1月12日 (木)

2017年

 明けて早10日ほど。 どうぞ本年も宜しくお願い致します。


 Nec_1939新年1日は、猫と犬が仲良く暮らす!?実家で、「真田丸」の総集編を約5時間かけて見た後、歩いて数十mの居酒屋で、上田出身の打楽器奏者&シエナウインドの打楽器奏者(松美さんは兼務)の男四名で宴。
翌日、SWOは軽井沢で本番だったそうで。僕は午後から名古屋でRh。




 NHKナゴヤニューイヤーでは笑里ちゃんと再会。

Img_20170104_161543最後に一緒だったのは、2009年頃?彼女のblogでも紹介してくれていますが、10年程前から、ちょくちょく一緒に演奏してました。今ではすっかり有名人、そしてママ…顔が、小さい(笑)
この時はチェリスト兼、司会で遠藤真理ちゃん(同級生)も来てました。皆さん、ご活躍でなにより。ティンパニも結構、シビアな曲あり奮闘しました…ここで宣伝する前に、放送終わってました(再放送はあるようです)


その後も、東海市芸術劇場、白鳥センチュリーホールと、少しずつ違うプログラムのニューイヤーコンサートが終わり、今週は円光寺さんの指揮で定期。

フランクの交響曲と、ドヴォルザークのチェロ協奏曲。共演は奥様と。前述した、遠藤真理ちゃんとも共演したなあ、数年前に富山で。

 今年は、どんな年になるかな。地に足をつけて頑張りたいな、と。足はまだ完治していませんが(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2016年12月25日 (日)

演奏収め

 本番は昨日の岡崎第九で終了(今年4公演のみで、tri,cymときてラストはtimpで)今日は恒例、ニューイヤーコンサートのリハーサルで、今年の演奏納め(仕事納めは数日後)新年早々、テンション高い曲が多くなりそうです。疲れた。。

 

 去年のクリスマスコンサートから早一年、今年は、以前毎年やっていたクリスマス・ポップスの一夜限りの復活。指揮・編曲は元・名フィルポップスディレクターのボブ佐久間さん。たくさんのお客さんに喜んでもらっていた模様。久しぶりのボブさん編曲、演奏者も楽しんでました。

 

 ポップスのリハ初日に、東海市に向かい抜糸とCTスキャン。「骨に異常ありませんねー」と、言われたら、少し足が軽くなったことから(マジ)、自分の単純さと「病は気から」を実感。とりあえず、ホッと。

 

 年末は急な移動があり、少しバタバタ・・猫の手、ならぬ教え子達の手を借りながら、作業予定。

世の中はクリスマス、ということで、この動画を挙げてないことを思い出しました(打楽器デュオとは少し違う趣か)もう3年前。少し水平じゃないのはご愛嬌・・

Nec_1928皆様、よいクリスマスを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年12月16日 (金)

不覚

Img_20161210_141549アツモンさんとの定期演奏会が終わりました。個人的には前週にシューマン(ワーグナーとディティユー付)からのベートーヴェン&ブラームスということで、二週に渡ってドイツ古典音楽に触れて、充実した時間でした。定期の1日目は、初日のいい緊張感の元、2日目はたくさんのお客様と、アツモン氏との音楽を共有できて、思い出となるコンサートになりました。

 

Img_20161210_140139彼の生涯最後の指揮するコンサートは、ベートーヴェンの第九(写真はブラ2)。こちらはジョエルがティンパニ、僕はシンバル。市民会館で会場が大きいですが、こちらも売れ行きが良いようで、数回しか彼の指揮で演奏していない僕でさえ嬉しくなってしまいます(寂しさも少しありますが)。

 

 間にあったユニオンの定期大会。詳しくは控えますが、顧問弁護士の方々も(例年通り)同席して下さり、打ち上げでは幾つか話を。

労⇔使の関係と、指揮者⇔楽員の関係は違うことも多いけど(指揮者=経営陣ではないので、そういう意味では事務局)似てることも多いなと。

 

 昔、ストライキなどが日本でもちょくちょくあった時代(今でも海外では、ルフトハンザ航空[過去にエラい目に遭わされた]、オケではフィラデルフィア管等はやってますが)は、

指揮者(音楽監督)は「こっちの振るとおりに演奏しろ、出来ない奴は降ろす」

楽員側は「あいつらはわかったように振ってるけど、実際、音出すのはこっち。勝手に棒振ってろよ」

 

というような話をよく伺いましたが(今でも無くはない)現在はどちらかというと

「お互い、尊重して、よりよい音楽を作りましょう」という、労使協調型の方が圧倒的に多い、と感じます。これは良し悪し、圧倒的な音楽性(力)があれば、そこに委ねるだけで、いい音楽が出てくる場合もあると、個人的には思うんですが・・無いものねだりで、また数十年後には変わってるだろうし。

 

 アツモンさんと、オケの関係は、いい意味で敬老型というか。年の功、彼の世界に寄り添うように、皆が演奏で貢献すると、そこに形作られるような気がしてます。明日、明後日、悔いが残らないよう。

 

 

 そんな、演奏会の合間。東海市で音楽鑑賞教室のリハ&本番があったのですが。JR遅延で、乗り換え案内に従い急いでた僕は、鞄とスマホを手に持ちつつ、エスカレーターで転倒、角に右膝のみでダイブ。

 

「いたたた・・」と足を引きずりながら、名鉄のホームに向かうと、名鉄も遅れており、結果、電車を待つ始末・・その間にジーンズが少しずつ血で滲む(も濃いジーンズなので、見た目は変わらず(^^;)

脱ぐわけにもいかないので、とりあえず、コンビニでもらった濡れティッシュを内側にあてて、ホールまで。楽屋で恐るおそる見ると、ぱっかーんと、思い(痛み以上に)のほか、膝が割れている・・・

 

が、あと数十分でとりあえず本番なので、大きめの傷パ○ーパッドを貼って、午前のステージ終了(アンコールだけジョエルにシンバルお任せ)して、駅裏の病院へ・・

 

思いのほか深かったので(しつこい)、麻酔後、計10針を縫って頂き・・午後のステージへ。。

 

すぐにティンパニの出番は無いし、業務をキャンセルすることは無く済みそうですが、実は今週末に行う予定だった、リサイタルの追加公演()は、延期に・・万全の体制の時にちゃんと行いますので。。申し訳ない。

 

ということで、現在ギプスはしておらず、痛みもあまりないですが、右膝が曲がり辛い状態です。自転車も頑張れば左足で漕げることも学んだし?また色々ありがたみを感じてる最中ですが。季節柄、皆様もお気をつけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧