カテゴリー「心と体」の記事

2014年8月21日 (木)

蹲踞が出来るようになった

9日目(´▽`)

まだ出来ないのは
・くしゃみ(案外、腹筋とお尻の力、使うんですよね、「ハーッッ」で停止。咳もきついのNG)
・自転車の座り漕ぎ(ずっと立ち漕ぎなのは、小学生に戻ったからではなく、座れないからorz...)
・走る、どころか普通の歩行(どうしても庇ってしまうのよねー)

とまあ、少しづつは回復してますが、職場の経験者曰く、完治は2ヶ月かかったとか!?テレビのCMで

「女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢に体調が…」
みたいなこと言ってるの見て、笑い飛ばせない現実。。

前回の日記のあと、もう一晩寝て(その日はそこそこ寝れた)翌朝、退院。その足で帰省というか療養。普段から、大して役に立ってなかったと思いますが、今回は過去最高(-.-;)そして痛みも過去最高。
実家にいると、いつもの癖でしっかり食べる→食べると出さなきゃいけない→悶絶 のスパイラルに気付いたのは実家を出る朝。その日から今日まで、1日二食は流動食、大分マシです(^^;;それでも実家で過ごせたことには感謝、両親にお世話かけた大きな子どもです…

はい、ツラい話題はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月19日 (火)

術後一週間経過 part1

1407895306744直後の記念画像。…大して、面白くない・・

 正直、「日帰り可能」と聞いた時点で、甘くみてた感は否めませんが、ごめんなさい、僕が悪かった。
 体調バロメーター、10点中、現在3点くらいには回復(一昨日、実家に居た頃は1.5~2、現在でもトイレの瞬間は1‥詳細は次号)

※以下、少しお下品で、恐ろしい下半身のお話含(これぞ「本当にあった怖い話」さとるくんの比ではない)

 下半身麻酔で手術を終えた、その晩、就寝後わずか30分で目覚め、普段から腰痛持ちで、寝返りの多い身からすると、一点に留まってることが出来ず、全身を使って寝返りするも、その衝動で、条件反射の如く、○門が、ピクピクっとなるんですよね、それが隣の傷に、世にも恐ろしい激痛を促し「ぃたたた‥」と叫びたくなるんだけど、向かいのおじさんは静かに寝てるし、こちらは耐えつつ、また十数分すると、寝返りを打ちたくなる→たまに全てに耐え、うとうとしてると、何かの衝動でまた、肛○が、ピクッとなって「‥!)の繰り返し‥

・・・

 …そろそろ、二時間くらい経過したかと、時計をみると、まだ30分(;_;)※

!!! ぃたたた・・

!!!ぃたたた・・

※の繰り返しで、夜明けを迎え(本当に長かった‥明けない夜が無いことを、身をもって体験しました(爆)

 

 向かいのおじさん(同じ手術でした)は、「どうだい、調子は?俺はそこまで痛くないよ♪」と、奥様のいらっしゃる中、にこやかな朝なのに対し、「この違いはなんだ‥」と羨むのもお門違いで(その後、色々お話もして、とても良くして頂きました、感謝)

自分のこれまでの行いを恨みつつ、投薬後、死んだように眠って少し回復・・

 次回に続く。

 ちなみに、今日から一週間後は、こちら。Deenの「夢であるように」が聴こえてくる・・嗚呼、昨年のリサイタルに続いて、この調子。まだ、完売とは聞いてませんので、悶え苦しみながら弾いてるやもしれぬ!?窪田を、是非笑いに来ていただければ。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|