« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

6月が終了・・

Dsc_0094 岐阜での本番も無事に終え(最終日前日にはレセプションがあり、地元の方が歓迎演奏をしてくださいました。しかも両端で演奏してくださっている方々が、以前のリサイタルの際に木を提供してくださった人々という事が判明、直接お礼を言えて感謝でした)

 翌日も本番後、帰名。市民会館名曲シリーズでは、世界で5本の指に入ると噂の上手なホルン奏者が協奏曲(しかし、聴く度、シュテファン・ドールの凄さも思い出してました)でいらっしゃったり、石丸さんのコンサートでは、大学の先輩が客演ドラム奏者で名フィル初登場(流石の萱さんでした)

 定期演奏会はシンバリストで、またもや前半のみで失礼・・7月はその分?頑張ります。文化庁公演の時期になり、1週目はお休みを頂き、GAJAへ。

 D9b7hcuuiaa5ykx 今回の打楽器メンバーは、名古屋のオケマン(&手嶋ちゃん)大集合。折角のお祭り感のある現場なので、楽器も曲毎にシャッフル。お陰様で1333名のお客様に来ていただけたとの事、感謝です。プレコンサートでは今年の課題曲Ⅱのグロッケンを担当。山のようにある臨時記号の十六分音符の連続(しかもその音階に必然性を感じられz)を練習しつつ、これに、ひと夏を費やす中高生にシンパシーを感じました。。Crown Imperialのシンバルはめっちゃ重たかったし、宇宙の音楽の音替えは相変わらずキツカッタ・・・盛り沢山のプログラムに本当に疲労感じつつ、楽しい時間でした。打ち上げには昨年参加してくれた学生達も一緒に。

 最終週は文化庁公演で滋賀へ。体育館が蒸す季節に・・次回(7月2週目)は三重県なんですが・・毎日、学校の先生を交えた「こうもり」の寸劇は大盛り上がりでした。中学校の吹奏楽部との共演の時は、ちゃんと楽器修理オジサンもやってから帰宅。 

 昨日からの6月最後の業務は春日井での、のだめコンサート。ラフpf協2番とドヴォ8+αという、ヘヴィー級プログラムですが、名曲から学ぶことは沢山ある。2公演(しかも両日完売)なので、明日も頑張ってきます。

7月は定期も市民会館シリーズもティンパニ担当。市民会館(7/18)ではロビーコンサートにもハープとのデュオで出没予定、チェロの名曲のあの曲や、ラフマニノフのアノ曲をティンパニで・・

 

 ようやく、チラシが完成!次回宣伝予定。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

加子母

426d0a87d60848818e56bf79fe400020  現在地の名称。少し前までは村で、学生時代から名前だけはずっと聞いてましたが、今回、やっと訪れることが出来ました。名前だけ聞いてると、鹿教湯(かけゆ、という長野の地名)のように、鹿が入ってるのかと思ってたけど、違った(現地の人によると、「かわしも」→「かしも」になった説もあるとか)

Ffdfa14eeea34ee1ba0f49482200a0ab  ここで、1998年から故 田中千香士先生が始めた音楽祭があり、通称「ちかしオケ(正式にはレボリューション・アンサンブルだったのね)」には学生時代に何度かお世話になってましたが、現在、先生亡き後、音楽監督は白井圭くんが引き継ぎ、毎年、岐阜の山中で練習&小・中学生や地元の方々に若手オケの演奏を聴いてもらうという、20年も続いている企画。何度かお声がけ頂きつつも予定合わず、今年ようやく(それでも無理言って半日遅れで・・本番後に中津川まで移動、からの車で40分・・)

896e764eb3324fd38b9168fa52348cf6  見たことある後輩も数名いつつ、大半は若い学生あがり位の奏者。圭と僕が最年長(笑)リハーサルを終えて、昨日が初本番。アンサンブルと名前にあるように、小編成、指揮はあれど、自発的に音楽。楽しくてスリリングだったけど、千香士先生の引用してた言葉も思い出す

「スピードは音楽の敵だ(ジャネット・ヌヴー)」また明日あたり話すかな・・

 

前回のブログ後は、

44c87054964e4fbf9564404701d1b631  指揮コンクール(打楽器、大活躍でした)で自前の太鼓達に活躍して頂き、翌日は大口町で水野君と初デュオ。趣向を凝らした?プログラムだったのがウケたようで良かったです。「ミッキー・マウス・マーチ」が終わったところで、前にいた子が

「あ〜、面白かった!」と声に出し、感想を言ってくれたのが、耳に残っています。その後の楽器片付けでメガネにキズがついたというお土産つき・・

1日おいて定期リハ、の初日に、うっかりチャリで転倒(詳細を知りたい方には口頭で伝えます、間抜けな理由なので・・)右の背中側にいらっしゃった自分のもう1台の自転車に向かって落ち、ハンドルで背中を強打、10秒ほど息が出来ない〜

これは(肋骨に)ヒビくらい入ったか・・と思いつつ、翌日に一応、レントゲンを撮るも、なんと異常なし・・なのにこの痛さなら、本当に折れてたら、歩けないのでは?と想像するほど、毎日、数十回、寝返りで起床(寝相の悪さが仇に・・)

39b76996e22540e0952179975b581b3f ただ定期は、単音の出番ばかりだったので、セーフ・・バルトークの「ハンガリーの風景」初めて演奏しましたが、やるほどに味が出てくるような曲(1曲目が最高)打楽器の編成も、某ソナタと全く同じで(トライアングルをスティックで演奏するところも同じ)来年も楽しみ。5、6月はジョエルにティンパニはお任せ、7月の久々ブラビンズで戻ります。

76200d6ce52948b1840663d12c430401   加子母に来てからは、リハ(しかも編成上後半しか出番無し)が終わるとフリー!ですが、便利な世の中の為(今や至る所でWi-Fiは通じており)溜めていた事務作業が捗る×2、7月上旬のリサイタルチラシ完成に向けて、各所に連絡を。かなり進めることが出来て感謝・・

1c6e4e512b3d48c9902d30654dc1b872  てか今回の企画、助成が降りても赤字かも?詰め込み過ぎたかな・・やるしかないですが。宿泊所(皆で部屋で雑魚寝)の男性大浴場が故障の為、実行委員会の方が連れて行ってくださる「おんぽいの湯」で毎晩、湯治。最高です(がなかなか完治はしないもんですね)

76eea04fc55249d0a205312cbb8136f4  さて!今晩と、明日の本番を終えて帰ります(と市民名曲、石丸幹二、オーディション、6月定期とほぼ一筆書きが待っている・・)

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »