« 音楽鑑賞続き&キングスマン | トップページ | ちょうど去年の今日 »

2018年2月16日 (金)

2月は逃げる

と、先日母が言ってましたが、そのようで・・


川瀬Week(Beethoven→Brahms)は、無事終了。なかなか実演機会が少ない(が、ベートーヴェンの生きている時には一番演奏されたという)ウェリントンの勝利では、


Nec_2865イギリス軍(なので、イギリス製の私物太鼓2つや、特大ラチェット)とImg_1232









オーケストラのトライアングル(前半はジョエル)を掛け持ち、2年ぶりのいなべ公演では、久々のブラ1で、終演後には有難いお言葉(2nd violinというのが嬉しい)を頂き、ほっと一安心。


Nec_2873ブラ1のスコアは2冊持っていて(これは古い方、使用したパート譜と出版社が同じ)、自分が演奏する前から、先生の演奏を追いかけては、どういう風に演奏しているか(どんなマレットを使ってるか)まで、記載していたものが残っており、若気のいたりを感じます・・
これまでの演奏の中で、曲の進行に一番共感できたかな。彼の想いも強かったからでしょうか。

 本来はその週末に北陸地方に行く予定が、大寒波の影響で、催し自体が延期になり、断念。行けなかったことは残念ですが、それ以上に北陸の皆さまの気の毒な天災に、気が滅入りました、救助待ちで亡くなられた方もいらっしゃったようで・・合掌。

 今週は定期。うーん。やはり名曲は名曲(その数、少なくとも百曲以上)で、後世でも演奏される曲には、意味があるな、と。1ヶ月に何回も(異なるシリーズの)定期演奏会があるオーケストラには!是非「隠れた名曲」を探して欲しい、と個人的には思います。前に立っている人も・・その昔、うちのオケでタイトルを持っていたらしいのですが、その時が、よほど辛かったのか、発する言葉の節々にイロイロ感じるので(何度も顔をあわせている若い団員や外国人の団員がお気の毒)、「他所では違う顔なんだもんなあ」と思うと、少し可愛そうにも思えてくる。。以上(笑)本番は全力投球で。

 今週は毎朝、会議(かレッスン)から始まり、リハ→会議(気分は、法案通すときの議員と同じか)→

Nec_2862こんなものも使いながら個人練習(練習場を自動的に追い出されるので、ギリギリまで粘れる)→晩ご飯(便利な時代、場所に生まれたことに感謝)→帰って楽譜作製(ピアノ譜のマリンバ譜書き換え、3ページで約90分、全部で30ページ=10日)などとやっているうちに、35億、ならぬ35歳を迎えてしまいました。





あら、、フォー!!




 丈夫な身体に育ててくれた母に感謝の電話を入れ(たら、「二月は~」と申してました)、事務作業と練習に追われる日々。幸せなことではありますが。


受験生の最後の足掻きと共に、先生も踏ん張りどころです・・

|

« 音楽鑑賞続き&キングスマン | トップページ | ちょうど去年の今日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月は逃げる:

« 音楽鑑賞続き&キングスマン | トップページ | ちょうど去年の今日 »