« 全国大会 | トップページ | 芸術の秋、後半 »

2017年10月27日 (金)

Der Rosenkavalier

 定期演奏会の翌週には、刈谷でブルッフ&ブラ2→岡崎で皇帝&シェヘラザードという、名曲続きのプログラムを終えて(両方ティンパニで乗り番でした、名曲はやはり名曲であった・・)その翌週から、オペラ(と市民会館シリーズ)のリハ。

 僕が名フィル入団してから、6回目?程のオペラ(昨年の「魔笛」はお休みしてました)今回は、全3幕、休憩入れて4時間の大作「薔薇の騎士」。演奏会用の組曲の方は、かれこれ4,5回演奏していますが、オペラは初体験。指揮者はオーストリア人のワイケルト氏。

Nec_2637R.シュトラウスが幾つか書いているオペラ、他にも「サロメ」「エレクトラ」など・・実は、エレクトラ、本番は演奏してないけれど、携わったことが過去にありました。

P3100086今は亡き、V. Firth氏(ボストン響timpanist)と。僕が学部を出た春に、上野で「東京のオペラの森(現在は東京・春・音楽祭がメインの名前に)」が始まり、その初回のオペラがエレクトラでした。彼が1st timpaniだったのですが、練習に来れない期間があり、その間は本番のメンバーがパートを移動してリハに臨み、僕は練習のみの代打で大太鼓を担当させてもらったのでした。指揮は小澤氏。もう12年も前ね・・

公開G.Pの日が僕にとっての最終日。全幕の最後、少し間があってから、tutti(全員)でffで1発「バンっ」と終わるところを、オケピの穴ぐらの中から(東京文化会館のピットは奥が深く、打楽器は、その奥に押し込まれることもしばしば)エイッと演奏したら、

「・・大太鼓、速いよ!はい、お疲れさん」と言われて、練習(=僕にとっての最後の1音)が終了・・打ち上げに付き合ってくださった諸先輩方に労われたのが、忘れ難い思い出。。写真は、公演が始まってから、初めて伝説の人(先生の先生)に会いに向かった時の物です。

Vicfirth笑顔が、よく拝見していたポスターそのものでビックリでした。




 それ以来、念願の(笑)R. シュトラウスのオペラ。エレクトラの体験もあり、覚悟はしていましたが、なんせ絡みが複雑。パート譜だけ見て、把握などということは、ほぼ不可能・・フルスコアを頼りに、音源も聴きながら、なんとか予習して向かったつもりが、最初はオケのみのリハなので、歌手のガイド(等が楽譜に印刷してあるところも)は全く役に立たず・・遥か20m離れた向こう岸から微かに聞こえてくるホルンの音を頼りに(正確には時差もあるので予測して)演奏したり。。リハも、演奏会のリハや本番と交互だったことから、楽器もその都度出し入れ(スタッフが大変・・)、調子も安定せず(言い訳ですが!)

Nec_2645昨日から舞台入り、今日からダブルキャストの為、2日間G.Pをして、週末が、本番。芸文のコンサートホールの方が9月から閉館している為(今回は大ホール)、栄から暫く遠ざかっており、2ヶ月ぶりに来るだけで、新鮮(^^;)今回は、11月に大分公演もあり、そちらに向けても、まずは初日、無事に終われますよう。

|

« 全国大会 | トップページ | 芸術の秋、後半 »

名古屋フィル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Der Rosenkavalier:

« 全国大会 | トップページ | 芸術の秋、後半 »