« プレゼント | トップページ | 日記 »

2017年2月16日 (木)

レスピーギ週間

16473487_1219535058095211_6196174642月は浜松から仕事始め。50周年企画の一環で、客席はお陰様で盛況。個人的には思いがけない方も、ちらほら来て頂き(会えなかった方は残念)ありがたい限り。ただ、1曲目(序曲のみ、打楽器奏者は、たまにそういうことあり)で出番が終わりだった為、そのまま都内へ行き、4月の打ち合わせへ。3月は大ホール、4月は小ホール、サントミューゼへ。頑張ります。

 

16729023_1224055904309793_219823090翌週も50周年企画の一環で、しらかわシリーズの翌日は岐阜へ。ウィーン・フィルのコンサートマスターで、最近は弾き振りとして来る事が多いホーネックさんによる、ヴィヴァルディの四季全曲ほか。ホールの内観は木製で似てるところも多いのですが、容積が違う感じを、舞台で感じましたが、どう聴こえたことか・・こちらも大勢のお客様で感謝。

 

 翌日は豊橋の楽器屋さんにて、セミナー。去年(一昨年だっけ?)から、ちょくちょく行っている、「スティック・コントロール」セミナーというのが、なんだか好評でして、それに気を良くした白井氏が、「次はシンバルなんてどうでしょう?」ということで、今回は前半がいつものスティック・コントロール(という、教則本を題材にした練習法や、音の出し方をレクチャー)と、後半は初のシンバル・コントロールセミナーを、4時間ぶっ続けにやって、その後は東海市のジュニアオケの指導に向かうという、なかなかの日曜日・・前日に演奏してきた「結婚行進曲」などを題材に、Pearlさんが提供してくれた楽器を1人1組持って、身体の使い方の復習。人に説明する、ということは、自分の頭の整理になるので、僕としても再確認することが、多く、勉強になりました。疲れたけど(^^;)

 

 そして月曜からは、こちらのリハーサル。昨年も参加させて頂きましたが、B to Cのリサイタルを控えての本番で、頭も身体もテンパっていて、あまり記憶がない(笑)けど、1人で「巴里のアメリカ人」の打楽器をどれだけ音を出せるかに四苦八苦していた思い出が残っています。

 

 今年はなんとレスピーギ作曲「シバの女王ベルキス」
吹奏楽でよく取り上げられる、ド派手な曲(と、しっとりした曲もあるのですが)僕は、以前、都響の演奏会で取り上げられた時に乗せてもらって(前プロで、今月の定期でやるハチャトリアンをやったなあ)それ以来。吹奏楽では未経験(笑)

 

Nec_2026話をもらった時、「これは、1人で音出すの、無理なやつだ」と思いましたが、、スコアを見て、出来るだけ音を並べると、うーん、なんとか・・?激しいところは、ほとんどフルで両手両足が動いてるんですが。。あまりにも大変で脳も身体も気が抜けず、リハーサルは常にしかめっ面だったと思いますが、本番どうなることやら。。

 

 そして、今週末は、愛知県芸との合同オーケストラの本番。とりあげるのは、こちらもレスピーギ、ローマ3部作。今日からリハーサル。

16681993_1227025314012852_177204995かなりの大人数、打楽器も最大10人で臨みます。学生さん達は事前に大学で授業も何回かあったのだとか・・こちらもしっかり頑張らないと。ということで、1人(同じく、どちらも賛助で出演している山地さんも?)でレスピーギ週間。PMFで打楽器セクションで札幌で呑んでいる時に、誰かが、「どの作曲家が好き?」という話になり「Beethoven !」とか、「Mahler !」とかいう外国人が多い中、「Respighi !!」と言ったら、「Why !?(Japanese people!!)」という顔をされたのはいい思い出・・(当時は一番)好きだったから、しょうがないじゃんねえ・・

 

Nec_2029昨日は、無事に歳を重ねることができ、今日も久しぶりにお逢いした方から「足、怪我したの大丈夫?」と声をかけてもらうなど、人様に気遣ってもらってることを実感する日々です。

 

 段々、体力の回復が20代とは違うことを悟りつつも?今年もチャレンジを忘れない生活をこころがけていきたいと思います。まずは、今週の本番を(楽しみつつ)乗り切る!

|
|

« プレゼント | トップページ | 日記 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150937/69615448

この記事へのトラックバック一覧です: レスピーギ週間:

« プレゼント | トップページ | 日記 »