« 若者からの刺激 | トップページ | 夏休みの宿題・・・ »

2016年8月26日 (金)

Rhythm from Ancient and Uta

20160812_omote_ol名古屋のチラシも完成!あとは印刷の仕上がりを待つのみ。←ミスプリント、ありました。正しくはWolkenstudie ですね。。失礼しました、プログラム訂正します。









 今年のリサイタルシリーズ(9/8,9/10,11/14)のタイトル。演奏する曲目は、東京、京都、名古屋と、少しずつ違っています。全ての曲の頭文字を繋げ…ても何もありませんが。


 東京では、ありがたいことにムジカーザでの主催公演に呼んで頂けることになり、京都は、原則、受賞から三年以内にしなければならない(結構、皆さんルーズらしいが(^^;))受賞披露公演を、そして、名古屋は安定の自主開催です(爆)が、助成をつけて頂き、少し負担は軽減、ほっ。


Nec_1200どの演奏会もオープニングは同じ曲。都内のチラシには18th century...と載せてしまった、timpaniのソロ曲は先日のワルシャワ訪問により、17世紀だということが判明…当日、訂正&お詫びします。恐らく、楽譜が残っている打楽器のソロ曲としては、最古の部類かと思います。バッハの時代より更に~年前。オランダにて購入した西ドイツ製の、バロックティンパニ(レプリカ)を使用。

Nec_1491東京と京都では、バッハをミズノマリンバで演奏します。3月にはチェロ組曲の三番を弾きましたが、今回は四番。名フィルのとある先輩に言われましたが、音の進行が少し変則的なところがあり、覚えるのに一苦労。。この曲のbourréeをARDコンクールの一次でフィッシャー氏(優勝者)が見事に弾いていたのを思い出すなあ。

Nec_1494そのフィッシャー作曲のWolken studie、京都と名古屋ではB→Cに続き再演。
わずか半年前に一度(二回)弾いた筈なのに、頭に鮮明なのはセッティングのみ…さらっていくうちに段々思い出してきたけど…やはり大変な曲。そのうち10代の若人でも演奏する時代が来るのかな。。

 もう一曲、川島さんの「タンブレラ王。」も。一年に四回演奏することになるとは!
初めて聴かれる(観る?)方は、過去のblogを検索頂かないことをお勧めします(ネタバレあり)

 あとは東京公演のみ、

Nec_1596クセナキスのルボンより「b」(2007年以来9年ぶり・・)や、即興を。

Nec_1492全公演、通してパリ管弦楽団のマーティンショウさんの作ったインプレッションを演奏します。品数が多い…

 今回のリサイタルシリーズで、委嘱作品を、加藤昌則氏(川島さんと大学で同期だったそうです)にお願いしました。加藤さんとは、昨年、名フィルの仕事を通じて「初めまして」だったのですが、現在、様々なジャンルで引く手あまたの作曲家です。
昨年、オーケストラで演奏した「金の雨」という曲が忘れられず、今回のリサイタルのテーマを決めた時に、加藤さんに是非お願いしたい、と…

 ご相談したところ、快諾して頂き、過密スケジュールの中、つい最近(笑)曲を頂きました。打ち合わせも終わり、後はvibraphoneの特性を活かした、ウタを響かせられるように、ベストを。


 これまでリサイタルでは同級生や、その周辺の方々に助けてもらっていて、今回も、我が学年の管打首席卒業(卒演で同じくシュトックハウゼン演奏した奴とは大違い)のクラリネット奏者、千花子先生に東京と京都をお願いをして、名古屋公演は学年は一つ上、寮では一つ隣のブロックに住んでらっしゃった(笑)、我がオケの首席トランペット奏者、圭さん(この間は圭くん、今回は圭さん…)にお願いをしました。


 クラリネットとは昨年度、訳あって演奏が叶わなかった、山川あをいさん作曲の

UTA Ⅶ for marimba and clarinet
を、東京、京都限定で。恐らく、関西では初、関東では2008年の横浜赤レンガ以来でしょうか。

 初の7番。これでUTAシリーズ、演奏したことがないのは、Ⅲ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅸ…ですが、Ⅸは10月に別でやります、詳細は後日。名古屋公演ではⅧを演奏します。

20160812ura_ol圭さんと演奏するのは、ジョリヴェ作曲、トランペットと打楽器の為の「エプタード」
伝説のトランペット奏者、モーリス・アンドレの為に書かれた、トランペット奏者は震える(ほど難しい)曲だそうで…僕は2005年(ジョリヴェ生誕100周年)に大学院の修士リサイタルで、当時、藝大フィルハーモニアで演奏してらした(現在は大阪教育大学の准教授の)神代修さんに、頼み込んで、共演して頂いて以来。先日、吹奏楽の審査員で神代さんとご一緒して、11年前の懐かしさをしみじみと(^^;)

 今度は同世代の圭さん(オケに入団して、丁度10年の節目の年だそう)と、楽しみです。



どの演奏会もラストは、ジブコヴィッチ作曲
「Generally spoken it is nothing but rhythm」

Nec_14902014年にリサイタル・ノヴァ(&小牧市)でも弾きましたが、より、密度の高いものになるように、日々さらってますが、なかなか…うーん本当に二年前に弾いてたっけ…?

 忘れたくないものは忘れて、忘れたいものは忘れない、、どないやねん。あ、「忘」と「志」って似てるなあ(笑)

 チケットはどの公演も絶賛発売中です。

|

« 若者からの刺激 | トップページ | 夏休みの宿題・・・ »

リサイタル関連」カテゴリの記事

コメント

スパルタ先生(笑)、お疲れ様です。
公演迫ってきましたね。
拝聴する側もソワソワ、ドキドキです。
追い込みの前の定期も期待してます。
クラシックギター好きなので、楽しみです♪

台風が過ぎても猛暑が続くらしいので…
お互い気を付けましょ。
(最近バテ気味で梅干し&梅酒が欠かせないでいます)

投稿: A.M | 2016年8月28日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rhythm from Ancient and Uta:

« 若者からの刺激 | トップページ | 夏休みの宿題・・・ »