« 無事、終演。 | トップページ | 燃え尽き・・てられないけど »

2016年3月27日 (日)

U→H

 片付けをしてて分かったこと。今回、木魚は「木の素材」の打楽器としては多少(プリズン・ソングで)使ったけど、木魚(temple block)としては使っていなかったので、大体の、楽器を総動員して持っていきましたが、帰ってきたら、木魚だけ、大量にお留守番してました()というわけで、東京編。

22日は、オペラシティのコンサートホールで、某テレビ番組の公開収録とブッキングしていることが数日前に判明、搬出入の時間が被ってしまい、こちらが1時間遅らせることに・・上田公演での恐れを解消するために、急遽GPから来る予定だった元教え子等(東京公演が早めの完売だったこともあり、チケットを取れなかった学生さん等に、GPは開放予定でした)に、来れる人は朝から来てくれるように頼んだら、4~5名が来てくれることに。運送会社のスタッフも3倍(=3人)に増員!下の写真と前回のセッティング写真を見比べて頂ければ(^^;)

Dsc_0733と言っても、新しい会場、セッティングももう一度最初から。サントミューゼより、若干スペースも狭く、舞台裏の搬出も大変、その辺も考えながら、GP開始。今日は、邦人作曲家(全員ご存命)がGPから全員いらして下さる上に、本番を聞けない学生もいる為、ほぼ全て通し&返し。同じフロアでは東○ィルの方々がリハーサル中、なんとK西さんが(お逢いしてない内に)差し入れをくださったり、別の本番がありこちらには来れないと、K保さんも顔を出して頂き・・至極恐縮。


Dsc_0766共演者(圭くん)とも言ってましたが、作曲者の直接の言葉は貴重。勿論、こちらは楽譜を読んで、そこから想像しながら、音楽を作っていくわけですが、いざ作曲された方が来ると、こちらの想像以上にメリハリをつけるところや、逆(そんなに厳密じゃなくていいorやり過ぎない方がいい)というところと。だから、今は直接聴けない作曲者の真意はどこにあるのか・・ということなんですがね。。


  プログラムについて。今回、この選曲をするにあたって、一番ネックだったのは「バッハ」の位置でした。避けて通れない作曲家(B)なので。Bachを、どう、どの位置で弾くか。

悩んだ末、ヘンツェをド頭に持ってきて、その次に弾くことにしました。

 

Img_0164_2ヘンツェは、学生の時に、東京文化会館の資料室で、ツトム・ヤマシタさんのCDを聴いて衝撃を受け、いつかやりたい、と思っていた作品。現在はテープ音源が楽譜に付属しておらず(昔は付いていた?との噂)楽譜に手書きで指示された言葉と、ツトムさんの音(と直接聞いたお話)を参考に、田野倉君に制作してもらいました。

 最初に音を出すのが、口琴、その後も、Inca Flute,Bengal Fluteを吹く(のみならず、吹きながら詩を読む箇所も)など、打楽器を手で演奏する枠をはみ出した、異色作(と、僕は思ってたけど、人によってはそうでもなかったらしい)

 山ほど、楽器を並べる(サンダーシートなんて5~6枚の指示、スティールパンも必要)が、実は出番はそれぞれ数秒(スティールパンは、4音が2回のみ 爆)という、ちょっとバブリーな音素材の使い方(※)。自分の録音した、叫び声、すすり泣き、などと現在出している声、5秒後にディレイで遅れて聞こえる声&音などが、テープ音源と混ざりながら、独特の空間を作り出さないといけない作品、オペラシティ公演では、ライブエレクトロニクスの大御所も聴きにきてくださり、田野倉君を絶賛してくださってました。うん、それだけで、やった価値があった()

Cyuqfudvaaafkd_2その空気を、一新しないままバッハ。敢えて、民族衣装で、素足で、土臭く、と思って臨みました。 サントミューゼのGPで、「音が柔らかすぎて、輪郭がはっきりしない」ということで、マレットを1段階、硬く(軽く)したにも関わらず、オペラシティは、それでもまだ柔らかく、結果2段階、軽量化(しかも本番のみ)そういう危ないことはやっちゃいけなかったよな、F本先生に叱られるなぁ・・

 

Dsc_0728更に、オペラシティの方では、楽器の黒鍵側のパイプからノイズが出てしまい、試行錯誤しましたが、治まらず。気にしないよう、努めて弾きました。色々あったにしろ、今の僕に出来る、ベストだったかと。

 

 

Nec_1322_2岸野さんの曲は、(初演予定だった)国際ティンパニコンクールが無期限延期になり、受けに行くつもりだった僕の一種思い出の()曲。日本では見ることの少ない、ギザギザのついたスティックでカウンターフープを擦る音や、リムとフープの間のヘッドを演奏する音(作曲者はプロペラ音、と述べてました)など、普段ティンパニから、なかなか聞かない音を多く使う曲。違う楽器の人から「おりんを弓で擦った音が、あんな風に響くなんて驚き」とコメントもらいました。

 シュトックハウゼンは、学部の卒演で演奏して以来、新人演奏会、コンクール、初、自主リサイタル(その名も、Bach to Stockhausen・・完全にパクっとるがな)と、数多く、演奏してきた曲ですが、歳を重ねて(たかだか数年ですが・・)、楽譜から読みとける物も少し増え、今回バッハを同時にさらっている中で、どちらの楽譜も、穴があきかける程見ていると、幾つかの共通点と思えるものが発見できたり、先人のアドヴァイスをもらい、それを反芻して・・と、ある意味、人生でかなりの時間、向き合ってきた作品。

Zyklus_p12_3今回は、この「奏者に選択を委ねる箇所の多々ある曲」を、原譜(実際、演奏する時には、僕は楽譜を切り貼りして、作り直して、練習してましたが)をスクリーンに投影しながら(操作は、田野倉君。お世話になりました)の演奏にしました。

 

 うーん、ダメだ、眠いのと、明日に響くといけないので、3部作にします・・

|

« 無事、終演。 | トップページ | 燃え尽き・・てられないけど »

リサイタル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U→H:

« 無事、終演。 | トップページ | 燃え尽き・・てられないけど »