« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月15日 (金)

踏んだり蹴ったり

な、1日でしたが、これ(blog)だけは書いてから寝よう、明日は今年最初の定期だし。

 明日はブルックナーの交響曲第9番(と、弦楽器のみのメタモルフォーゼン)。

 「第九」といえば、ベートーヴェンの第九(交響曲)が有名ですが、交響曲を9番まで書いている方は他にもいて(でもそれを書き終えたら亡くなる人、多数)ドヴォルザークの「新世界より」も、シューベルトの「グレート」も(「未完成」交響曲は他にあり)マーラーも(9番を一度避けたのに、10番が未完で没)、ブルックナーは、3楽章まで仕上げて亡くなってます。

 指揮の尾高さんの思い出話も練習中に語られ(詳しくは名フィルのtwitter参照)、個人的には4→1→9、ときて、昔は親しみがあまり無かった(むしろ苦手だった)作曲家ですが、大好きな人たち(ブルオタと呼ばれるそうな)がいらっしゃるのが、理解できるまでには至ったかと。ベルリン・フィルの「デジタル・コンサートホール」が始まりたての頃、この曲(9番のスケルツォ)が宣伝に使われていて、とても格好よかったのが、印象的。

 今日は、語るのもしんどいくらい、朝から色々ツイてない日でしたが(最後の最後のオチに、「なんて日だ!」と呟いたほど)、明日(明後日)、いい演奏会になるための布石だと思って、早く寝ます。朝型生活が続いて、単純に眠いってのも大いにあり(--;)

 週末、雪が降ったりしませんように!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

直前ですが(中部7県限定)

 先ほど、連絡が来まして(汗)

 年末にテレビの取材を受けまして、それが、世の中に大きな天変地異などなければ、明日、放送されるらしいです。
Nec_1120 こんなセットの中で、あの、正月らしい曲をレポーターと一緒に演奏しました、どう編集されていることやら・・5分ほどらしいですが、僕の楽器(最近仕入れたものも含む)を一杯紹介してくれるはず。この番組は愛知・岐阜・三重あたりでは放送されるそうです。


 あと、明後日は、先日、年始めに収録した「NHKナゴヤニューイヤーコンサート」が放送されるそうです。こちらは毎年、中部7県(には長野は入らない)にて
19時半から1時間ちょい(総合テレビ)、再放送は翌朝だそうです。
 今晩は、ドイツから帰国中の先輩(こちらで講義されます)と打ち合わせ予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

二年参り

 明けましておめでとうございます。


 年末年始、3日間、今年は上田へ。少ーしだけ片付けを手伝い、後は、ゆっくり、ネコとこたつで、英気を養い中。。

の合間に、十年ぶりに、善光寺に行ってまいり(詣り)ました。

Nec_1136 高校から大学にかけては、友達と数回いきましたが、何年か前から「しなの鉄道」の夜通し運転は無くなったそうで(~o~)

 時の流れを感じつつ、後輩と話しながら車で。初雪!の中で、恒例のおやきも頬張り(^^)/次回の具は丸ナスかな…

 おみくじは「吉」上々なことが記されてました、大事にとっておこう(単純)
再来年から大殺界だそうですが、鬼ちゃんに笑われるわ。。

 本当は昨日、高校の同窓会が(同級生や先生方、六年ぶりだったし宣伝する事もあり、出たい気持ちは山々)あったんですが…知るのが遅かったのと、この時期に有休3日消費の余裕は無く(爆)

幹事の友人に、昨夜チラシと伝言を託し(他業界で活躍の同級生の存在は、元気の源。一緒に呑みたかったな~)朝の電車で、帰名。からの

Nec_1145リハーサル。昨年、最後の本番に引き続き、年始めの本番もこの曲あり。

名曲ですよね(笑)

 上田には月末に、学校でのワークショップを兼ねたPR活動に戻ります。




 さて今年は、名古屋フィルの業務(遂に50周年の年、幾つか他都市にも遠征、他団体との合同演奏もちらほら)の他、
春に二回、秋に三回(懲りてない)のリサイタル(しっかり五回は初挑戦。体力勝負)と二つの活動を軸に、実のある年にしたいと思っています。春から新たな(復帰?)プログラムにも参加予定。
 昨年末、教え子の奇跡の合格!を目にして、「初志貫徹」「努力に勝る天才なし」の思いを新たに。

 ストレッチして、身体を作る運動もしないと(親に触診され、嘆かれた(爆))
 先人たちの元へ修行に行く時間も捻出して、、計画的に。あ、タップダンスも去年より行きたいし、美味しいものも食べt…


 本年も、宜しくお願いします。


窪田 健志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »