« 打楽器アンサンブル徒然。 | トップページ | 最後まで諦めない »

2015年10月22日 (木)

名古屋2015 プログラム紹介(前半)

 今後も、追伸予定・・のつもりが、間が空きまくってしまい、気付けば2週間切ってますが(爆)

 プログラムを少しずつ、紹介しておこうと思います(Twi○terでは既にしてるのを流用・・は一応しないつもり)

 演奏会オープニングに聴いて頂く曲は、J. CageとL. Harrisonの合作による打楽器四重奏曲

その名も
「Double Music」

114パートのうち、2パートずつを、それぞれの作曲者が作成しています。Youtubeなどで音源は聞くことが出来ますが、いわゆる、「ドレミ~」のような音程の指定はなく、使われる打楽器は仏具のおりん(大~小3つ)や、車に使われていた「ドラムブレーキ」の部品である「ブレーキドラム」を、本来は18個(今回はウラ技を駆使して12個予定)も使うなど、まさに、「打楽器」アンサンブル、という響きのする曲です。初めて、こういう音楽を聴く方は面食らうかも・・ただ、テンポ、というか、曲想としては、一種ガムラン音楽を思わせるような、シンプルな構造の中に、全て金属で出来た打楽器の響きが聞こえてくる、僕は、とても好きな曲です。あえて、1曲目に持ってきました。

 舞台、暗転から始まります、是非、お早めにお席におつきくださいm(__)m

 次は、チラシにも載せていますが

「Nagoya Marimbas」

 1題名に、「ナゴヤ」の入った曲を、僕はこの曲以外知りません(笑)世界のSteve Reich作曲、名古屋で打楽器アンサンブルの演奏会を(初めて)やる時に、この曲は外せないかなと。。記念すべき、自主公演1回目(芸術祭)ではメンバーの女性2人にやってもらいましたが、彼女達には※をやってもらうので、現在、「Nagoya」フィルにいる僕と、今回、地元、「Nagoya」出身の日比アコちゃんで演奏します。

 3曲目は、

「Trio per Uno」

3今や、中学生が冬のアンサンブルコンテストでも演奏すると噂の、三重奏曲。打楽器アンサンブルが、耳だけでなく、見た目の動きでも、特徴のある事を示してくれる、聴き応えのある曲です。僕も昔は散々演奏しましたが、今回は東京在住の3人にお任せ。楽しそうな合わせの現場の写真はこちら

 前半最後(4曲目)は、今年生誕110周年を迎えるA.Jolivetの作った

「Suite en Concert pour Flute et percussion」

4日本語に訳すなら、「フルートと打楽器の為の協奏的組曲」みたいになるようです。フルート協奏曲第2番とも。打楽器4人をバックに、フルートが独奏します。打楽器側には、また音階楽器はなく、大小の太鼓や、木、金属で出来た打楽器がたくさん。4楽章形式になっており、フルートは2楽章でアルトフルートに持ち替えをしながら、ジョリヴェらしい(ジョリヴェはパリ音楽院で先生もしていたので、学生の試験の為の曲もたくさん作曲していたようで、まるでソルフェの試験で出てきそうな、結構イジワルな)旋律を奏でます。アンサンブル的にも難曲!

 後半は、また、今週末頃までには・・?現実世界では、明日、忠さんの指揮で、「悲愴」メインのコンサート。「悲惨」にならないよう、準備して寝ます。。

|

« 打楽器アンサンブル徒然。 | トップページ | 最後まで諦めない »

くぼった」カテゴリの記事

コメント

毎日あれこれと…おつかれさまです。
曲紹介してくだっているので、ググって予習できています^^

名古屋のタイトルが付いている曲、
今年、関西人のカラオケ大熱唱を聴いて知った曲が…
https://youtu.be/KJ6hBxWq7hw
リサイタルの紹介の記事にはふさわしくないのですが^^;
この曲を聴いて名古屋に染まって、
ナゴヤ・マリンバ演奏してください^^
きっと深みが増す?はず(笑)

投稿: A.M | 2015年10月24日 (土) 10時01分

A.Mさま

ははははは、聞きましたよ、なんじゃこの曲(^^;)
他の都市のディスり方が、半端ないですね(笑)

そして、この人、「金太の大冒険」作った人なんですね。動画、見ちゃいました(笑)

ナゴヤ・マリンバ弾いてる時、間違って金太の応援しないようにしないと・・

投稿: kuboken | 2015年10月27日 (火) 02時24分

大阪にも東京にもいたことがある
くぼけんには…強烈過ぎましたな^_^;
何度聴いても笑えますもん。
で、放送禁止の曲は…タイトルしか知らなくて。
では次はつボイさんのCBCラジオの番組に出てくださいな!

で、本番でそれを思い出さないで下さいね。
心からお願いいたします(爆)

投稿: A.M | 2015年10月27日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋2015 プログラム紹介(前半):

« 打楽器アンサンブル徒然。 | トップページ | 最後まで諦めない »