« レパートリー | トップページ | 術後一週間経過 part1 »

2014年8月12日 (火)

月の光

 スーパームーンという言葉が、やたらと聴こえてくる今日この頃。

 本当は昨日の夜中(3時)だったようですが、2時頃外を見たら、まだ台風が連れてきた雲だらけで、期待できず断念。忘れてた今夜、駅から見える月がやたら明るく綺麗で、自転車に乗ってる5分の4くらいは月を見ながら(B'zの「今夜月の~」を熱唱しながら)帰宅。外もいい感じで涼しく、今夜は蛙と蝉の鳴き声を遠くに聴きながら(近くだと寝れん!)眠ることにしますかね。

 気付けば2週間以上、開いちゃいましたが、最近は、演奏するのは程々、聴くことが多かったかな。知り合いの演奏会が多く、タイトルの曲(ドビュッシー)も、チェロアンサンブルで聴きました。この曲が一番、印象的でした。

 その前日には同僚、同級生が出る弦楽五重奏も聴き、打楽器の入ってない響きを堪能。のち、今日は思いっきり打楽器、バラフォンの演奏会に、同じ会場に行って聴いてきました。ミニマルミュージックの原点を思わせる、飾り気の無い響き。

Nec_0542これが、そのバラフォン。マリンバの起源と言われています。後ろの椅子に座って演奏(日本の雑貨屋で600円で売ってる椅子が重宝されるらしい(笑))とても綺麗なローズウッド(共鳴管は瓢箪)でした。

Nec_0550今回、演奏&ワークショップをしてくれたムサ・ヘマ氏。フランスのコンセルヴァトワールで教鞭をとりながら、世界中で演奏活動中だそうで。たった90分のワークショップで残念、やはりそのうちアフリカか?・・エボラ、怖。

Nec_0555間に、浜松に仕事で向かっていました。行った事の無かった楽器博物館へ。写真はメキシコのマリンバ(共鳴管は木製のパイプ)と、その後のコンサートでボレロ小太鼓の大役を難なく果たしたN久保氏。

 あと、吹奏楽の演奏もそこそこ聴きました、トレーナーや審査員として。甲子園にドラマがあるように、青春には色々なドラマがありますが、どんな体験も、その後も続く人生からすると、大したことではない(=もっとドラマティックなことが多々ある&あった、少なくとも僕は)と思うので、いい事も悪い事も、人生の糧にして欲しいです。

 夏休み中の技術メンテナンスは、台風の中、昨日終了。2週間後まで、課題は十分&身体メンテは明日から。何も出来ないだろうから、B'zつながりで「ビューティフルライフ」でも全部観るかな…

|

« レパートリー | トップページ | 術後一週間経過 part1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

窪田さん、こんばんは。
夏休み前半は音楽三昧で楽しまれたようですね。
私も今月は4本参戦…26日の予習してますよ♪
少しでも耳に入れておくと、当日うんと楽しるので。
それと並行して、近日中に行くコンサートに備え、
音色の耳慣らしをしています。
この熱心さ?を他に活かせないのかと、
周囲に言われる有様です…汗。

浜松の楽器博物館、打楽器(も)いっぱいありますよね。
また行ってみたい場所です。
ちなみに浜松はあの方の故郷なのですが、
地元も名古屋も公演は長くスルーされっぱなしです。
わたしがいるから、ですかねえ(爆)
↑窪田さんの四重奏に大いに期待してます、と
毎度毎度大きなプレッシャーを投球、と(笑)

投稿: A.M | 2014年8月12日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の光:

« レパートリー | トップページ | 術後一週間経過 part1 »