« やりたいこと、やるべきこと | トップページ | NHK-FM »

2014年7月 3日 (木)

 今日、雨の中、駅で派手に転んだ。肺と肋骨が痛い。折れてはなさそう。

 昨日、お昼前から、小学校での本番。向かう途中にメールが入った。口頭で伝えたい内容のようで、良くない予感がしていたが、本番前に電話を受ける。

 急逝の知らせ。「まさか」という思いと、ほんの少し、頭をよぎった最悪の展開に、言葉が無い。少しの時間だったが、現在の状況を端的に教えて頂く。本人の希望で、大々的な事は一切しないこと、それぞれ関係のある方には、いずれ、連絡が来ること等。なにより、本人が一番望まれたことは、

「限られた貴重な時間を、(もう居ない私の為でなく)それぞれの与えられたやるべき事に使いなさい」

ということなのだと、解釈し、涙を拭き、笑顔でティンパニを持ち上げ、小学生に見せてから演奏した。

 帰宅したら、一通の封筒が届いており、伺った内容とほぼ同じことが、本人からの文面、そして、作成されたご家族の思いが記されてあった。

 つい、この間、先輩と、笑顔でお別れしたところだったのに。

 実は、少し前から、吐露されていた体の不調を、僕も聞いていたけれど、もしかしたら、強い彼女は、もっと前から我慢していたのかもしれない。限界が来てしまったから、ほんの少しだけ、弱音が出たのかも。それくらい、あっと言う間だった。

 ただ、生前から、自分の最期を予測し、明確な「終わり」を意識して、生きていたんだなと。

 人の事ばかり思いやり(僕だけでなく、家族のことまで)、頑固で(医者嫌い)、音への拘りは強く、でも人に強要をせず、楽器は勿論、お菓子作りも上手くて、いつも笑顔で・・・

音楽を、ただただ愛してた人。

 これ以上書くと、泣けてくるので、省略。思い出は、心の内に。顔向け出来るよう、前を向きます。それが恩返し。

 先生のように、精一杯、生きるしかない。

|

« やりたいこと、やるべきこと | トップページ | NHK-FM »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

窪田さん、こんにちは。
お辛いお気持ち、お察しいたします。
窪田さんが先生からの後続のバトンを託されたのだと思って、
今日も打ってくださいね。
先生に届き、響きますように。

投稿: A.M | 2014年7月 6日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« やりたいこと、やるべきこと | トップページ | NHK-FM »