« 卯月徒然 | トップページ | 浪花→信濃→江戸→小倉 »

2014年4月30日 (水)

なにわ

 週末は、オケ友 の事前クリニックへ(トップページの写真、いい写真(笑))。今年は中学生の課題曲が「アルメニアン・ダンスPart1」高校生が「レ・ミゼラブル メドレー」アルメニアン~は、よく知っていますが、もう一曲は、映画も観てなかったので、まずは近くのGEOでレンタル。

 亡くなった祖母が、「ああ無情」の内容を少し話してくれた時に、「ジャン・バルジャン」の名前だけは聞いていたのですが、ちゃんと内容を知ったのは初めて。多分、本で読むと、内容がもっと濃いんだろうな、申し訳ないけど、映画にはあまり感情移入出来ず。。ウルヴァリン役のおじさん、歌もうたうのね&ラッセル・クロウは歌はあんまりね・・って感じで。

 音楽も、個人的には同じ作曲者のその後に書いた、「ミス・サイゴン」の方に思い入れが強すぎて、、と、別にこの作品に恨みツラミは、ないんだけど(^^;)

Nec_0465ただ・・この曲、編曲者が打楽器7人(timp.含)と割り振ってる、楽器の割り振りに、かなりの難アリ(鍵盤楽器終えて次の小節には合わせシンバル、みたいな)楽譜通りに演奏してある団体いたら、映像観たいくらい。そして、挙句の果ては、写真の指示。

吹奏楽(アマチュアの場合)では、打楽器奏者がピアノや、チェレスタ、ハープ要員として、回されることは多々あるんですが、この指示は流石に初めて見た。注釈すると、チェレスタって、ピアノのように座って演奏します→高音だけなので、右手のみで弾けます→可能なら、空いてる左手でヴィブラフォン演奏してね(ヴィブラフォンという楽器は、ペダルがついていて、99%立って演奏する楽器です)ってことのようです。

いやいや、無茶でしょ(と、twitterに載せたら、200人くらいの人がこの写真見た、とツイッター本部からお知らせが。怖)そんなエゲツナイ譜面を相手にしながらも、中学、高校生共に、頑張ってました。いつもなら、演奏会が終わったくらいに、皆怖がらずに(?)近寄ってくるのですが、今回は期間中いないと言った為か、そこそこ早い段階で口をきいてくれました(笑)

 そんなビックリなことも多い吹奏楽の世界ですが、このGWは、僕もみっちり吹奏楽。なにわ《オーケストラル》ウィンズ にて。オーケストラ奏者、通称「オケマン」と呼ばれる人達が、大真面目に吹奏楽を演奏する催し、毎年、完売続出の為、今年は1日2公演の日も!僕は2007年にはお客さんとして聴きまして、7年越しに初参戦。打楽器セクションでは最年少、楽しみです。合間にちゃんと飯田にも1公演、向かいます。

 休んでる暇はないんだけど、なんか喉に違和感が・・杞憂でありますように。

|

« 卯月徒然 | トップページ | 浪花→信濃→江戸→小倉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なにわ:

« 卯月徒然 | トップページ | 浪花→信濃→江戸→小倉 »