« 備忘録 | トップページ | 2004→2014 »

2014年3月13日 (木)

備忘録、その2

 さっき、過去の記事を読み返してて、思い出したこと。アレは、今になってネタばらし。

 とある耳の聴こえないと称する打楽器奏者(作曲家じゃないけど、それを売りにしているのと、真偽が定かでないところが同じ匂い)の演奏会に向かった際、プログラムに載ってる曲(Aとしましょう)を、「Aを演奏します!」としたまま、即興演奏始めた・・って話でした。

 その演奏会、僕はたまたま、その「A」って曲だけ(と言っても大げさでない程)を楽しみに自腹でチケット買って向かったら(招待券が他大学に配られまくっていたのも、ムカッとした原因の1つ)、最初のフレーズだけ、それっぽく演奏して、その後はアドリブのオンパレード。

 しかし、他の90%以上のお客さんは、そんなマニアックな曲知らないし、最後、それっぽく終わったら、拍手喝采!僕だけ「はぁ?」しかも研究したくて、楽譜まで持参してたというね(爆)あの演奏会で、感動された方には申し訳ないが、アンコールも聴かず、裏の主催者に文句言いに行ってました。「Aの主題による即興演奏」と、プログラムに記載さえしてあれば、なんら問題無かったんだけど(だったら、僕は行かなかったけど)

 という話が過去にありつつ、先日、アマチュア高校生のソロ録音審査の審査員というものをさせて頂きました。審査員は、金管・木管・打楽器各一名。

 とある作曲家のフルート・ソナタ(1楽章)を入れてきた子がいて、僕はたまたま、少し曲を知っていました。聴いていくうちに、「ここ、ちょっと楽譜と違うんじゃないかな??」と思うところがあり、それ相応の評価を。後ほど、審査員(フルート)と立ち話、

(僕)「あの曲って・・」

(フルート奏者)「そうそう、ちょっとアレじゃあね・・選曲に負けてるよね」

(金管奏者)「え?そうだったの?上手く吹いてると思ったんだけどなぁ」

点数としては、この場合、「驚愕の結果!」にはならなかった筈。

 これは、勿論、打楽器の場合だと、逆のことが往々にあるわけで。それどころか、打楽器奏者だけを並べて打楽器の審査でも、その曲の演奏をしたことがない人が「審査員」という話はザラにあると思います。

 審査というのは、専門性や、楽譜の忠実な再現だけを重んじる必要もないとは思いますが・・スポーツと違って、抽象的な世界の、脆い部分。その場のパッションのみで審査する音楽界、フィギュアでは、ちゃんとビデオで検証するようです。あ、あっちはスポーツか。

 未熟者は、いつまでも見識を広げ、本物を聴きわけられるようになる為、精進し続けるしかないよな。

というわけで、明日の定期リハも、頑張ります。明朝会議なのに、調子に乗って夜更かししてしまったorz...

|

« 備忘録 | トップページ | 2004→2014 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録、その2:

« 備忘録 | トップページ | 2004→2014 »