« B, B, B... | トップページ | 備忘録 »

2014年3月 3日 (月)

B.B...終わり!

 なんと、続いてた!ので、先週に引き続きの表記で(笑)

「B」rahms zyklus-終了!

 僕が入団した年度も行っていたブラームス・ツィクルス(常任指揮者はイギリス人なんで、「サイクル」って言ってたけど)前回はフィッシャー、今回はブラビンズ。4回ずつ、計8回、全部聴かれた方も、数名はいらっしゃるのかな?感想を聴いてみたいところです。僕はフィッシャーの初回を客席で聴いた翌日から、試用期間開始だったので、とても印象深い始まりで、その後は、3回目以外は何かしら出番だった気が。

 今回はpf協2番と、交響曲4番。Sym.4は、学生時代、最初のオケの授業が、この曲のトライアングル、指揮はシュナイト爺さん。神奈川フィルの常任?だかになりたての年だったと思います。

 トライアングルは3楽章にしか出てこず、残りの楽章はやること無し。でも、授業で、いつ出番になるかわからないので、2回目くらいの授業だったか、ぼけーっと待ってたら出番にが来て、演奏しだしたら、オケを止めて、何やら僕の方を指差しながらイヤーな顔で、コンミス辺りと小声でボソボソ話。多分、多分ですよ、想像では

「ほら、みてよ、あの打楽器。今まで散々休んでた癖に、全然話聞いてなかっただろ?なんだよ、あのチーンて音は。あんな様じゃ、まるでお話にならないね、ぷぷぷ」

くらいの事を言われてたと思います。コンミスの苦笑いっぷりから察するに。

 その後は、普通に注意もされまくった記憶が・・残念ながら、本番の記憶は薄い(--;)その注意のされ方だけ、やけに印象に残ってるんだよね。。今となっては決して嫌いな指揮者ではなく、むしろ音楽がしっかりあったんだろうな、もっとあの頃に真面目にやってればな・・という後悔の念が大きい。お元気でいらっしゃるんでしょうか?

・・・という思い出の曲。たくさんのお客さんの中、演奏させてもらえて感謝。演奏後のブラビンズのスピーチの最中

「そういや『英国王のスピーチ』って映画あったよな、やっぱスピーチ好きなんだろうか?」と思いながら、聞いて、我が団の誇るべきホルン奏者(先週のブルックナーから続けてpf協2番まで、流石でした)を労う飲み会へ。お疲れ様でした!!!

「B」arock saal-そうだ、京都へ行こうpart2

 年末に行ったリサイタルが、ありがたいことに、受賞公演に選んでいただき、その授賞式に向かってきました。

演奏会終了後、ハイエースロングにパンパン詰め込んだ楽器を片付け、ホールのスタッフさんに「3月に、もう一度、ここに来たいです。」と、言った事が、現実になり、嬉しい!

と、スタッフさんから言ってもらえたことが、本当に嬉しくて。

 今回は他の受賞者にもマリンバの吉岡さんがいらしたこともあってか、招待でいらっしゃる方に、打楽器関係の方の多い事・・・当日まで、誰がいらっしゃるか知らなかったのですが、名簿の名前見て驚愕。受賞後、披露演奏を各々10分ほどしたのですが、プレッシャーは、リサイタルを上回ってました(爆)

そして、そこで、まさかの方にご対面。

Img_2992_2 これは、こないだ秋に、中部打楽器協会主催で行った、「中村功マスタークラス」の打ち上げ。リサイタルの前で、小太鼓をどうしてもレッスンして頂きたく、功さん(深町さん率いる愛知県芸の敷地を借りての催しでした)と、2度目の対面でのレッスン、及びに芸大時代からの色々なお話をして頂き、その後、リサイタルを控えてた身としては、本当に為になったのです。

で。功さんは、普段は日本におらず、ドイツのカールスルーエで教授をされてらっしゃいます。年に数回、あるかないかの帰国に合わせて、マスタークラスやら、演奏会やら、ソリストやら、多忙にされてるはずなのに。

Sany3839なんと。功さんは1992年に特別賞を受賞されており、今回、予定がたまたま合って、ご来場されたとのこと。22年ぶりに(爆)

しかも、そこで僕が演奏した曲、先日レッスンして頂いた曲・・それを、本番1時間前に、発見した僕の気にもなってください。。地球の裏に普段いる人が、何故か来られるという・・

Sany3846「窪田くんねー、やっぱりあそこがイマイチ、いや、イマニやったね・・」

・・・なんて事は一切、仰らない、功さんの懐の深さよ・・・

Sany3845隣にいらっしゃるのは早坂(小笹)雅子さん、たまたま僕のリサイタルもいらしてくださり、そして先日の兵庫のオケでも隣で演奏し、功さんとは高校生時代からの知り合いでらっしゃるという。世の中、こうやって、繋がっていくんですね。

また、今後ともより一層頑張る為の、原動力をもらいました。はるばる、狭山の奥から駆けつけてくれた弟にも感謝。家族の助けがあってこその受賞でした。

 

「B」unkacho-正真正銘ラスト。

そして、今日は、雪で流れた文化庁公演。弟宅から、7時台に出発して、予定の電車、乗り換え案内で、問題なく着くはずが、普通に歩いて、ホームに行ったら、電車が既に走り出してるトラブルにあいながらも、なんとか、無事終了。合唱と合同演奏の「ビリーブ」人数に対しての声量、声の質がとても良くて、それだけでも、延期公演した甲斐があったな、と思えました。

 もう3月、花粉の季節到来ですか。。

|

« B, B, B... | トップページ | 備忘録 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

窪田さん、こんばんは^^
青山賞受賞おめでとうございます♪
ファンも嬉しいです(*^_^*)
毎日お忙しそうなご様子ですが、
寒さと風邪にはお気をつけくださいませ。

投稿: AM | 2014年3月 5日 (水) 23時19分

>AM様

コメント、ありがとうございました。今後とも精進します。また、お知らせ出来そうな演奏会が6月末にございます、またそのうち、告知させて頂きますね、宜しくお願い致します。

投稿: kuboken | 2014年3月13日 (木) 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B.B...終わり!:

« B, B, B... | トップページ | 備忘録 »