« 名フィルの日! | トップページ | 真夜中のハイテンション »

2013年9月 2日 (月)

二本続けて

 日本のオペラ・・ってね。。

 今日までは團伊玖磨作曲「夕鶴」でした。高校時代、筑後川は歌ったことがありましたが、オケ作品は初でした。27歳の時の作品だそうで。

 大してオペラ経験は無いですが、今回、邦人作品を演奏して「回りくどさが全く無いな・・」という印象を持ちました。実際の演奏時間も短いし、本筋に関係ない歌は、無かったような・・よくもわるくも。

 これは、小説でも、よく思うところ。海外のものは、背景描写が、やたらと細かい(と僕は感じます)のに対して、日本の物はそこまででもなく、本筋をテンポ良く進んでいくことが多いような印象。

 明後日からは、日本を題材にはなってるものの、イタリア人プッチーニ作曲「蝶々夫人」のリハ。こちらは、こちらで楽しみです。

|

« 名フィルの日! | トップページ | 真夜中のハイテンション »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二本続けて:

« 名フィルの日! | トップページ | 真夜中のハイテンション »