« 遂にデビュー・・・ | トップページ | G線上のアリア »

2013年3月18日 (月)

ウェスト再度

 ・・あまり、ウケてなさそうですが。

 ボストック氏との久々の演奏会(名フィルとは初共演)は、お客さんにも多数ご来場頂いた演奏会となりました。やはり名曲のチカラでしょうか・・?アンコールには滅多にやらない曲をやり(本当にドヴォルジャークの曲だよね??)、今年度の市民名曲シリーズ終了。

 翌日は、レッスン。受ける側!しかもその先生に習うのは初(孫弟子ではあったのですが)ということで、緊張の面持ち(ほんまかいな)で向かったのですが、お話含めて4時間ほど、貴重な経験をしてきました。まだまだ。来月の本番に向けて、もう○頑張り・・

 終わった後、後輩2人が演奏しているライヴハウスに潜入・・のつもりが、舞台上からモロバレだったようで(--;)マスクまでして、大人しくしてたのに。。思いがけずに、寮でルームメイトだった先輩やら、数年ぶりに会う人もいて、「懐かし」かった。最近は、通信手段が発達しているので「懐かしい」という感覚が薄れていた気がしていたので、嬉しい再会でした。

 次の日から「3」年ぶりに呼んで頂いたオケで(前回はマーラー「3」番だったなぁ)「3」ヶ月連続のウェストサイド。演奏会も聴きに伺っていたせいか、そこまでの久々感は無く、しかし確実に久しぶりなお顔も拝見・・指揮者は4年半ぶり。オールアメリカンプロ、1月の名フィルは弦楽器だけの曲もありましたが、今回はそこに「キャンディード序曲」や「パリのアメリカ人」、コンチェルトは「ラプソディ・イン・ブルー」チケットは早々と完売だったようで。

 ソリストがクラシックの人じゃなく、楽譜通りじゃない箇所、多数・・しかも日によって違う為、出番(打楽器奏者は、出番以外、椅子に座っており、出番で立つ事が多い)かな?と思って、そろーっと立ったら、その後2分ほどアドリブが続いて、気まずい・・ということもありましたが、演奏会は大盛り上がりでした。アンコールもしっかりガーシュウィン&バーンスタインで。終わって、先輩、同級生、大学の1年生で「失敗暴露大会」で盛り上がり(笑)、その日の内に岡崎へ。

 少し家を空けたので、帰ってきたら郵便物やら何やらどっさり。の中に、祖母からの「いかなご」が!ありがとおばあちゃん。それにしても郵パックで送ってくるかね(笑)

 

|

« 遂にデビュー・・・ | トップページ | G線上のアリア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェスト再度:

« 遂にデビュー・・・ | トップページ | G線上のアリア »