« レニングラード、再び | トップページ | ドレスデンの思い出 »

2012年10月 9日 (火)

二週間ぶりでやんす

 ばたばたーっと過ぎていきました。危ない!限りある日々を噛み締めて、生きていきたいのですが。

 今年の名フィル福祉コンサートは、名古屋、豊橋、刈谷で開催。団員編曲の「木星」は演奏人数を正規より減らしている為、ティンパニ2人→1人。意地で大体の音を足を白鳥のようにしながら、出してましたが、果たして「音楽」になってたかどうか。I don't know, but..

 台風が最接近している最中、航空自衛隊との「ジョイントコンサート」は開催!しました。が、僕もとても楽しみにしていた(お客さまも多かったかもしれません)スミス作曲「華麗なる舞曲」は、演奏時間短縮の為、カット(それでも2時間超の演奏会)でした・・外囿さんの超絶協奏曲あり、中学生とのジョイントあり、最後は、総勢百○名?での「ローマの祭り」でした。

 打ち上げも盛り上がり、帰る頃には台風も過ぎ去っていました(行きの呑み屋までの百mは、映画のセット並みの嵐でしたが・・)

 翌週はバルトークの本番。こちらは小ホール、大ホールでは東京都交響楽団が、マーラーの合唱&バンダ付きの大曲を演奏。「どうして?乗ってたっけ?」と行き交う人に事情を話しながら、搬出&GP。挙句に、食事に向かった先で、都響の打楽器セクションとばったり。N川さんから教わったお店なので、そりゃそうです(^^;)「葱せいろ」を食べて、本番。綿密なリハのおかげで、事故はなく無事終わったのですが、個人的には新たな修正点が・・ピアニストのお二人は、前半にメシアンの大曲(1時間程)を弾いてからの演奏、ものすごい集中力が必要だったとお察しします。アンコールにも出させて頂き、聴きに来てくれた知人に手伝ってもらいながら、搬出、解散。お誘い頂いた、方々に感謝感謝です。

 翌日、名古屋でのリハの後、元九州交響楽団ティンパニ奏者の永野さんのリサイタルに伺いました。「山のホール」という、まさに「山の」中にあるホール。後から聞けば近道もあったようなのですが、練習場からHPを見て向かったのでタクシーしかなく・・少し遅刻しながらも到着。永野さんとの出会いは、まだ学生の頃。とあるオケの飲み会で大学の大先輩が

「俺は今、日本で一番ティンパニが上手い人は、九響の永野哲だと思う!!」

と、突如言い出し(lll゚Д゚)その後しばらくして、東京で永野さんが出張レッスンをなさると言うので、「百聞は・・・」

と思い、レッスンして頂いたのが最初、その後も数回お会いして、先日は名フィルにも客演してくださいました。長年の経験に基づく、理論&音色を持っていらっしゃる方です。

曲の解説をされながら、休憩無しで(!)アンコールまで含めてノンストップでした。以前と「変わらない」凄さを再発見、お見事でした。福岡ナンバーのハイエースに、ティンパニを戻すのをお手伝いして、帰宅。

 その後、少しお休み、今日からは定期の練習。9ヶ月ぶりのショスタコーヴィチ10番。こだわりの楽器とバチで臨みます。

|

« レニングラード、再び | トップページ | ドレスデンの思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二週間ぶりでやんす:

« レニングラード、再び | トップページ | ドレスデンの思い出 »