« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

採点基準法

 夏、真っ盛り。いやー暑い、節電も出来るだけ・・と思っていますが、部屋の熱気(&窓開けても風無し)に負けてエアコンのリモコンに手が・・

 サマーポップスのコンサートも、無事(…)終了し、名フィルの夏休み前の業務は8/2,3の子どもの為の巡回劇場で終わり。お陰さまで完売だそうです。昨日、今日はオフ。ついつい、オリンピックをリアルタイムで観てしまい、生活リズムが乱れてます(^^;)

 今回は、審査が覆ったり、採点ミスがあったり、「?」な場面が多いですね。男子の体操、4位の結果に呆然となる選手を見ながら、「まあ、人が人の点数をつけるんだから、仕方ないか・・」と思って、寝て起きたら、2位になってたし(--;)女子柔道の金メダルも、素晴らしい結果でしたが、判定が出た瞬間は「?」って感じだったし。

 水泳、陸上、球技など、(素人が見ても)採点方式が分かりやすい競技に対し、体操、フィギュアなど、「難易度」や「美しさ」なんかが採点(加点、減点)に入ってしまうと、絶対評価ではなくなってしまう。音楽のコンクールに似たものを感じてしまいます。

 それでも、運動競技の方が確固たる基準があって、「この技は難易度Cだ」とか、「このコンビネーションは難しい」というものに基づいて審査するんでしょうが、音楽はある程度の基準はありつつも、本当に個人差。

Img_0441A「さあ、今回で5回目の出場です、くぼった選手。昨年の演奏では、途中でマレットを飛ばしてしまった為、失格となってしまいましたが、今年はどうか?」

B「演奏曲目はシュトック○ウゼン作曲『ツィ○ルス』です、難易度はC、さて、最初にリムショットを持ってきていますが、上手く決まりますでしょうか・・」

A「振りかぶって・・決めた!」

B「上手く決まりましたねー、まずはいい滑り出しではないでしょうか」

A「小太鼓のロールからの・・次のトムはやや外したか」

B「そうですね、しかし持ち直しています」

A「ハイハットにもしっかり足が届いている」

B「この辺りは、左右の手のコンビネーションに注意したいですね・・」

A「おー!っと、ここでスティックが落下・・くぼった選手、今年も、残念な結果に」

って早っ、開始十数秒(笑)

とか、なんとか、知ったようなことを解説されるコンクール。まあ↑なことは、あり得ないにしても、「基準」「共通認識」、結構、大事だと思うし、打楽器の世界は、まだまだ淘汰されていないと、つくづく感じます。

 明日から8月、選手たちに勇気をもらい、元気に頑張りませう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

ヒトラーの贋札

 7月は結構な「ソロ・アンサンブル月間」でした。頭が、高校の同窓会に始まり、14日には大須の喫茶店で、20日に栄のデパート(言い方古い?)、21日に北名古屋の呑み屋「わび助」で・・プログラミングから、凡その時間計算、トークの内容まで手帳にばーっと書いてしまうため、7月のページはものすごいことに。。8月も既に1つ決まっているので、今月の反省を生かして頑張らねば。

 オーケストラの方は、海の日コンサートや、今日は豊田でコンサートでした、どちらもファミリー向け。両方とも若いお兄さんが指揮者兼司会(笑)

 今日の豊田でのコンサートでは、指揮者体験コーナーだけではなく、「ソリスト体験コーナー」ということで、事前募集した中から当日抽選で4人の女の子が、オケ中でソリストとして演奏。名フィルOBの青谷さんのアレンジ(前奏はチャ○コのpf協)に導かれ、「猫踏んじゃった」を名フィルの伴奏つきで弾きました。ステージ袖では結構楽しそうに「キャッキャ」言ってた感じがあったのですが、舞台に出てくると空気に飲まれたのかカッチコチに(^^;)

 指揮者体験コーナーのあと「また、機会があったら、やってみたいですか?」という質問には、8割程度の人が「ハイ」と答えるのに対して、今日のソリストたちは、最後の一人以外、

「また、機会があったら、名フィルと協演してみたいですか?」と指揮者が聞くと、

「ううん」

と答えてくれました(爆)ソリストの大変さが身に染みたのね、感受性豊かで結構!

 

 雨が降らないうちに家に着いたので(気持ち的には豊田でコーヒーブレイクしていきたかったが)、自転車の空気入れ、親から送ってもらった荷物を受け取り、晩ご飯を用意し(×作)、そういえば、録り溜めてあった映画があったことを思い出し、観たのが、タイトルの映画(前置き長かったな~~)

 歴史的史実に基づくものらしいです、なかなか内容はシビアな。大量の贋札でもって、最後のあがきをドイツ軍は、していたわけだ。あと少し、「$」の贋札が完成するのが早ければ、歴史は変わってたんでしょうか?ナチスのことを描く映画は全体の色合いがグレーのことが多い気がする。「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」など・・この映画も、昔を思い出してる時(が大半)はそんな感じ。

 観終わって残ったのは、「命の儚さ」と「生きていくしかない」ということかな・・思うことは多々ある。

 さて、明日から2日間は「青春」はたまた「人生」を賭けて臨む・・もしくは何も賭けてない人もいるかもしれませんが、そんな舞台を審査させて頂く身なので、備えて早く寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

気分が重い・・

 別に本人は至って健康ですが。

 まず、この湿気。どよよーんって感じ。自分の楽器(マリンバ等)が、湿気の影響を受ける場所に置いてあるため、除湿機をいくらつけても追いつかず!打楽器も木や皮を使っているものがほとんどなので、湿気の影響はきつい・・本当は湿度が管理出来る部屋に入れられておくのが一番なんでしょうけど・・今日はちょうど大雨の中(--;)、そのマリンバを一人で搬出・・明日の本番どうなることやら。

 汗だくで搬出後、帰宅。素麺をすすりながら、報道ステーションを見ていると、まず、九州の雨のニュース。被害甚大、映像見て唖然。20年前にもあったそうですが、天災はそう簡単に防ぐことは出来ないのでしょうか。

 次のニュースが、大津のいじめ問題。嘘かホントか(まあ大体本当なんだろうな)ネットでも様々な情報が流れています。親にさえ、言えない状況があったのか・・僕も似たような時期にいじめにあってたことがありましたが、比較的すぐ親に言いましたけど。今回のニュースとは比べ物にならないくらい可愛いものでしたが(顔面蹴られて鼻血程度(^^;))「いじめ」って「けんか」と何が違うかって、多勢に無勢なんですよね。それで、まるで「じゃれて」るように見せるのが、あいつらは上手いんだわ。人が通る時だけ笑顔になったりして。あー、少し思い出してきた・・守ってくれた、両親、先生に感謝と共に、亡くなった子の無念に、心が痛い。

 いじめてたクソガキ、その親は勿論ですが、やはり気付けない(気付かない?)教師が問題。この事件が一つのきっかけになると、少しは・・

 その後も原発、オスプレイ・・スポーツニュースになって笑顔のキャスターが出てきたら、サヨナラしましたが、日本はいま問題ばかり・・ツイッターでは大半が「トトロ楽しかった!」だって。あはは・・知らぬが仏って諺、便利だね。

 まあ、そんな世の中でも、人生は出来るだけ自分で切り開かないと。明日は吹奏楽指導~大須でソロの本番!少しでも「幸せな時間を過ごせた」と思われるよう、頑張るしかないわな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

新たなる希望

 そう、某映画のパクリですが(笑)

 7月の定期がもう終わってしまいました、6月の定期と日が空いてなかったので、連チャンのように‥

 今回は、来年度から常任指揮者として迎えるブラビンス氏の指揮でした。僕が前回、彼と一緒に演奏したときに覚えているのは、曲の内容ではなく(ロンドン交響曲‥という題名は頭にありますが、メロディを歌えと言われてもデテキマセン)静かにシンフォニーが始まる前に、客席を背中で静まりかえらせたこと。

 そうした空気感を持ち合わせている上に、今回のリハーサルもとても緻密で、僕個人としては、とても好印象!これからの関係がとても楽しみな指揮者です。

 そして、ソリストで登場した、田野倉さん、今年度から、名フィルのコンマスなので
身内贔屓かもしれませんが、本当~にブラボーでした!ウォルトンの協奏曲を暗譜の上、素晴らしい技術と安定感。専門ではないので、想像ですが、あんなに立派にフラジオって聞こえるんだと思って、感心&感動してしまいました。しかも、普段のコンマスとしての癖といいますか、オケをいつも気にしてるのが背中から見えてくる感じで、、

 今回の、指揮者&ソリスト(コンマス)が、題名の如く、次のステップへオケを導いてくれそう。こっちも必死に頑張らないと。

 そんな僕は、ギリギリの日々を送ってました。昨夜は、エキストラにいらしてくださってたR子先輩とサシで打ち上げへ。学部時代からお世話になっており、僕のイロんな事をご存知ですので、語っていると、終電ギリギリ‥酔って走って帰り、今日は朝早くからレッスン、案の定、延びてしまい、写真撮影ギリギリに燕尾着て舞台へ‥演奏会が終わり、自転車の鍵を自宅に置いてきたことに気付き、スペアのキーを練習場に取りに行ってからホールへ戻り、その足でタップへ(丁度ブラビンスが帰り際でタップシューズ持ってジャージで挨拶しました(^^;))二時間踊り続けて、帰ろうかと思いきや諸連絡を聞いていたら、オケの練習場が閉まるギリギリの時間になってしまい、荷物取りに行き、帰宅。。

 余裕を持った人生を謳歌したいな‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

秋玲瓏の空衝きて

 先日の日曜は、二年ぶりに、高校の関東同窓会に、演奏者として呼んで頂き、先輩の松美さん、奥様の西田紀子さんと、演奏してきました。

 母校は、昨年百十周年、そして、そこから巣立った人達で立ち上げたであろう、関東同窓会も、今回51回目ということで、永い歴史を感じます。1月にも長野で演奏したメンバーだったので、その時の曲や、木曾節、朧月夜など演奏。過去最大人数が集まってくださったようで、拍手にも、「圧」がありました。

 終わって、懇親会。同期の友人も数名来てくれており、近況を交換。吹奏楽の後輩も片付けを手伝ってくれて、OB会を設立した話を聞きました。

 会の終盤には、恒例の、校歌、応援歌(No.3)、凱歌の合唱。

 高校に入学して、一週間前後の、右も左もわからない頃に始まる(僕に関して言えば、長野に住み始めて数週間)、「応援練習」が、母校にはあります。先輩の応援委員が、長ランに竹刀持ち、下駄で見回る中、最初に応援委員のお兄さんが太鼓に合わせて歌う校歌を、生徒手帳を見て必死に覚えるわけです。二回目からは、一緒に歌い(「声が小さーーい!」と怒鳴られ、止められながら)四回目くらいに、応援団長が一言、「生徒手帳を下に置くように!」と。勿論、たかが数回歌ったくらいじゃ全然覚えてないので、最初の数行から、声は段々dim..「やめーーぃ!」に続き、「真剣に覚えんかーい!もう一回生徒手帳を見ていいから、しっかり歌うように!」

というのを、放課後一週間ほど、毎日やります(校歌、応援歌いくつかと、凱歌)、すると、その甲斐あって、皆、覚えるんですよね(ちょっとしたトラウマと共に)別に危害は加えません、喝を入れられるくらいで。三年になり、僕は何故か応援委員長やってたので、今でも大分しっかり歌えます(^^;)

 そんな母校なので、校歌は卒業して何○年経っても結構皆歌えます。しかも、調べたところ、作曲したのは、朧月夜と同じ岡野貞一先生!いやー繋がってるなあ。

 Nec_0143


最後には応援団長の舞(これは、初めて見たけど、どこで途切れたやら‥)を拝見し、お開きに。

そして、今日からは定期の練習。6月の定期が終わったとこなんだけど、早い・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »