« 音楽鑑賞教室&飯山公演 | トップページ | 演奏会に向けての日々その2 »

2012年6月12日 (火)

演奏会に向けての日々その1

 今回、演奏させて頂いたのは、板橋にある筑波大学附属桐が丘特別支援学校。僕は大学院在学時から、高等部にある「バンド部」の指導に携わっていて、現在は名古屋中心の生活に移ったため、後輩に任せるようになって2年ほど、しかし今も先生との繋がりがあり、今回、演奏を頼んで頂きました。前日から楽器を体育館に入れさせて頂き、当日朝からリハーサル。

 この学校は併設している病院に入院している入院部、小学部、中学部、高等部の4つから生徒が集まってきて、耳を傾けてくれました。写真は撮れていないので、動画からキャプチャした画像をいくつか。

201201041043411


 剣の舞では、近いところで聴いていた小学部の児童たちが、最後の強音に合わせて、皆が一斉にビックリした箇所があり、「ウェーブみたいだった(^^)」と、相川となな江が、教えてくれたので、DVDを確認したところ、

201201041043412


まさに、ウェーブ(笑)他にも、「星に願いを」でドラムが刻みだしたら目が輝いた男の子がいたり、

201201041043413


普段なかなか触らないであろう、珍しい打楽器を使った「実験コーナー」も、何人かの生徒に実際に音を出してもらって(今も指導に行ってくれているW鍋のMCが素晴らしかった)201201041043414


一緒に歌も歌って・・アンコールもいつも通り

201201041043416


盛り上がって、無事、少し時間オーバーで終了(^^;)

 生徒からもらった感想には「打楽器というのは『打つ』という単純な奏法なのに非常に奥の深い楽器なのだと思った」というものや、「歌詞がなく、メロディラインのみで聴いた方が、心に響くものなのだと思った」という意見があり、泣けそうになりました。・・記録用のDVD撮影の最後には、先生が生徒にカメラを向けてくださり、直に感想を入れてくれている映像もあり、感動もひとしお・・感謝です。

 

 終わって、メンバーで給食の牛乳で乾杯して、おいしく給食を頂き、楽器片づけ、搬出。夜は、演奏会を聴きに、そして、次の日は名古屋へ。

 つづく。

|

« 音楽鑑賞教室&飯山公演 | トップページ | 演奏会に向けての日々その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会に向けての日々その1:

« 音楽鑑賞教室&飯山公演 | トップページ | 演奏会に向けての日々その2 »