« ハーメルンの笛吹き、再び | トップページ | 音楽鑑賞教室&飯山公演 »

2012年5月31日 (木)

宣伝~

 間際にしか、基本的に宣伝をしたがらないのは、何の引け目からなのか・・2つほど。

 1つはCD、昨年録音したものが、来月頭に発売開始です。最近では、打楽器アンサンブルのCD(国内生産)というのは、あまり珍しくありません。僕が高校生の頃は、金管アンサンブルや、他のアンサンブルに比べて、極端に少なく、しかも、長野の田舎では「試聴」なんてことが出来ない頃だったので、海外の団体のものなど、「曲名がカッコいい」というような理由で購入して、中身はさほど・・みたいなことがよくありましたが(今聴き直すとまた印象は違うけど)、今では、大手打楽器販売会社から、毎年アンサンブルのCDは出ており、他にも国内の団体のCDも、数多く世に出ていますし、ネットでもすぐ聴くことが出来ます。

 では、このCDのセールスポイントは何か?それは、CDに収められている作曲家が「1人だけ」ということです。こういうコンセプトの打楽器アンサンブルのCDは、珍しいと思います。思いつくだけでも、例えばスティーヴ・ライヒや、クセナキス・・いわゆるクラシカルな「打楽器アンサンブル」という形態の曲だけを、アルバム1枚に収める程度の分数を書いている作曲家は、それほど多く ないので、他の楽器の曲を入れたり、ソロ曲を混ぜたり・・というものは、ありますが、このグラステイル作品集、しかも既に2枚目です。

日本では、吹奏楽が盛んなのに付随して、アンサンブルが盛ん(夏は吹奏楽コンクール、冬はアンサンブルコンテスト)なので、吹奏楽や、アンサンブルでの委嘱作品が多く、このCDも、全国の団体で演奏されたものを、作曲者の監修のもと、演奏しなおしたものです。大体の作品がコンテストで演奏可能な五分以内です。打楽器のみで演奏している、音の世界を聴いて頂ければ。    もう一つは、今週末、長野の飯山市で、これまた打楽器アンサンブルの演奏会をさせて頂きます。気心しれた仲間たちと。今日は事前の音楽鑑賞教室を、板橋でやってきました。僕が東京在住の時に指導に向かっていた学校だったので、昔からご存知の先生もいらっしゃる中、時間一杯(笑)、精一杯やらせてもらいました。終わって一段落したら、次はこの週末に向けて‥  多くの支えを感じながら、頑張ろう!

|

« ハーメルンの笛吹き、再び | トップページ | 音楽鑑賞教室&飯山公演 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝~:

« ハーメルンの笛吹き、再び | トップページ | 音楽鑑賞教室&飯山公演 »