« 初!飯田 | トップページ | 自分の為のマニュアル »

2011年5月10日 (火)

渋い。藤沢作品

 GWも、普通に終わってしまった・・飯田に二日間行けたことは、里帰りしてない分、リフレッシュ出来ました。GPと、本番の間に地元の方が振舞ってくださった、蕎麦に感動~流石信州。「上田に実家がありますが、初めて来ました」と言うと、「こっちの人も上田行ったことない人多いと思います」と言われちょっと安心、だって高速で2時間いじょ・・以下自粛。昨日は名古屋城の麓で演奏、交響詩「名古屋城」予想外にシビアでした。

 4月末にわび助のオーナーから、藤沢周平作品(短編集)を2冊ほど拝借してきて、通勤途中に楽しみに読んでましたが、今日遂に終わってしまった(T T)藤沢作品は映画化も多くされてますが、見たことあるのは、武士の一分のみ。文字で読むとあっという間に読み終わってしまいますが、映画になるほど、中身が充実してるってことでしょうか。また、借りに行こう♪

 映画といえば、近所のゲオが安かったので「スーパーマンリターンズ」「アバター」をBlu-rayで借りてきて観ました。流石の綺麗さ、そして、何も心配することのないハッピーエンド。藤沢作品とは対照的だ・・まだ残ってる「ブルース・オールマイティ」も似たようなもんよね(--;)

 

 浜岡停止が決まったところに、この暑さ。夏がこわいなぁ(A;´・ω・)アセアセ

|

« 初!飯田 | トップページ | 自分の為のマニュアル »

趣味」カテゴリの記事

コメント

時代劇というか ちゃんばらの小説で 短編もあると知りました。
短編小説は 漫画みたいですね。
時代劇~小説 好き嫌いも別れるかなぁ。
武士の一分は 映画で見ました。最高でした。

投稿: 村石太マン 名古屋から発信しました | 2011年6月15日 (水) 21時29分

>村石太マン さん
コメント、有難うございます。

武士の一分、僕も映画でも(映画の方が先に)見ました。毒見で視力を失ったキムタクに、殿が一言、(褒美として)

「大儀。」
と言ったのが、忘れられません・・

投稿: kuboken | 2011年6月16日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋い。藤沢作品:

« 初!飯田 | トップページ | 自分の為のマニュアル »