« 35年ぶり!「グルッペン」 | トップページ | 拝啓 Steve Gadd様 »

2009年9月 3日 (木)

東京JAZZ2009

 明日本番。僕が出るのはオーケストラとしてですが。

 曲はショスタコービッチ「ジャズ組曲第2番」ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」バーンスタイン「シンフォニック・ダンス」。ジャズ組曲は初めて演奏。ジャズ・・と言っても今の人が想像するジャズとはちょっと違うかも。ショスタコらしいアップテンポな曲あり、他には大正時代?っていう感じの行進曲なども入ってます。オケには珍しいサックスカルテットも入っており、先輩、後輩、懐かしい顔ぶれにもお会いすることが出来ました。

 ラプソディ~は共演者が22歳!リハではオケとの絡みを重点的にやっていたので、本番がどうなるか楽しみ。シンフォニック・ダンスは言うならばウエストサイド・ストーリー・メドレーなので、仙台でやった曲以外って感じ。会場の人も「manbo!!」って叫んでくれるのか!?

 明日16時から東京国際フォーラムにて。色々なアーティストが一晩で聴ける、お得なコンサート。僕らは19時ごろ予定です。個人的には次の日の神保さん&スカパラが気になりますが(^^;)

 最近はまってるのは「セクシーボイスアンドロボ」毎回、浅岡ルリ子がいい味出してます。おすすめです。一週間で全話見てしまいそうな勢い。。

|

« 35年ぶり!「グルッペン」 | トップページ | 拝啓 Steve Gadd様 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京JAZZ2009:

« 35年ぶり!「グルッペン」 | トップページ | 拝啓 Steve Gadd様 »