« 現代音楽週間&CD発売! | トップページ | 東京JAZZ2009 »

2009年9月 1日 (火)

35年ぶり!「グルッペン」

 台風も過ぎ去って、先ほど帰宅。

 今日まで5日間

 サントリー音楽財団創設40周年記念 サマーフェスティバル2009 MUSIC TODAY 21特別演奏会<グルッペン>

の演奏会の練習、本番でした。作曲者は一昨年亡くなったシュトックハウゼン。

P1010015  この曲、日本での演奏は35年ぶり。3つのオーケストラ、3人の指揮者で演奏される為、今回もサントリーホールに仮設ステージを客席に作っての演奏。35年って。。次の演奏が35年後の場合、僕は還暦過ぎてます・・そんな年月、結構すごいことです。

 3つのオケが同じ拍子で動く箇所もあれば、それぞれのテンポで動くところもあり、音が各オケで順番に出て、ぐるっと回ったり(ぐるっぺん)。大変な曲だと思ってましたが、ずっと練習してると、段々体に入ってくるのが不思議。

P1010007  僕が卒業演奏でした「zyklus」も彼の作品。よくよくオケにある打楽器を見ると、ほとんどがzyklusと同じ楽器でした。違うのはチャイムくらいかな。

P1010017 あとはこれ。現代曲ではたまに登場する「xylorimba」って楽器。「marimba」の音盤に「xylophone」の音域を足したもの。本当に付け足してるの、初めて見た。同じ製作元の楽器なので、音色はバッチリ揃ってます(正確にはマリンバとシロフォンは倍音が違うはずだけど)僕は、木をくり抜いて作られているスリットドラムとカウベル担当でした。

完売のうえ、中にはオークションでプレミア席まで出てると聞いてましたが、台風の影響もあってか、結構空席あり。しかも曲の都合上、休憩挟んで2回演奏して(!!)、休憩中にお客さんは違う席に移動可という、変わった主旨の演奏会だったため、満席だったら、椅子取りゲームになるのでは・・と思ってたけど、そんなこともなく。

 今回の指揮は外国人3人でしたが、リハから聴きに来ている日本人指揮者もちらほら。次の再演は35年もかからない気がします。かといって、年に1度どこかしらでやるような曲ではないと思うけど。。

 声をかけてもらった時から、楽しみにしていた本番が、無事に終わって、感謝。楽しく打ち上がってきました。

 次の本番は客席が5000席のホール・・頑張ります。

|

« 現代音楽週間&CD発売! | トップページ | 東京JAZZ2009 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ほなまた明日ー!!!

投稿: rere | 2009年9月 1日 (火) 11時11分

おおよ。楽しみね!

投稿: kuboken | 2009年9月 1日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35年ぶり!「グルッペン」:

» ジャイアンツ戦プレミアシートプレゼント [ジャイアンツプレゼント]
プレミアシートで観戦する東京ドーム・ジャイアンツ戦のチケットを先着順で差し上げております!この機会に是非お問合せください。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 17時05分

« 現代音楽週間&CD発売! | トップページ | 東京JAZZ2009 »