« 久々映画ネタ | トップページ | C.C.Lemonホール »

2009年6月24日 (水)

3分に全てを

 今日はサントリーホールで演奏会でした。出番はなんと最初の3分のみ!ストラヴィンスキーの「花火」という曲で、この曲を聴いたディアギレフによって、有名な3部作を依頼されるに至ったという、歴史的にも意味のある、聴いていても爽快な曲です。なんてったって3分だし。

 シンバル担当でしたが、プログラムノートに、前半最大の花火がシンバルのffによって・・みたいなことが書かれており、必要以上に力が入りそうでしたが(--;)まあ無事終了したはず。

 明日からも音楽鑑賞教室。何事もそうでしょうけど、「最初」ってすごい大事というか、大切だと思う。その印象によって、「なんか、いいなあ」とか「なんか、つまんない」とか色々な感情が、次につながるかどうかの境目になる。大人になってからの初めての体験もあるだろうけど、子どもだと尚更!

 初めてオーケストラを聴く子も大勢いるなか、読書感想文を読むように、指揮者が紙を見ながらマイク持って

「えー、みなさーーん、こんにちはー、今日はーオーケストラのー・・」

みたいな、最高に興ざめする鑑賞教室に、

明日はなりませんように!!

|

« 久々映画ネタ | トップページ | C.C.Lemonホール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3分に全てを:

« 久々映画ネタ | トップページ | C.C.Lemonホール »