« 日本の伝統 | トップページ | my birdがぁぁ »

2009年4月19日 (日)

Dies Irae

 武士は食わねど高楊枝。

 さて、今週は、名古屋から無事帰還、先輩に串かつのおいしいお店を教えて頂き、某後輩と100円の串かつを散々食べてきました。味噌おでんにつけたやつが美味でした。

 その時の本番はリスト・サン=サーンス作曲「死の舞踏」他。

 数日後、後輩と合わせの後、大先輩のライブを聴きに水道橋へ。実はわけあってお会いするのは初めてだったのですが、思ってた通りの人で、ライブも楽しめました。飛び入りで秋吉久美子のバックで演奏しているらしい、相撲取りを思わせる体型のイギリス人の人も演奏したのですが、それも素晴らしかった!お得なライブでした。今年から後輩になる子が、ローディーをしてました。荊の道へようこそ!

 そして今日も先輩の演奏している演奏会へ。「幻想交響曲」がメイン。綿密なアンサンブルと、余韻のある演奏に満足。1楽章にこんなに興味を持った演奏は初めて。色々勉強になりました。題名の「Dies Irae」は「死と舞踏」「幻想~」共に使われている聖歌のテーマ。

 先日、とある本に出会いました。昔から読書は好きな方でしたが(読書感想文はズルばっかりしてたけど)、いわゆる「自己啓発」本などはさほど興味がなく、読んでいませんでした。高2の時、打楽器を習った先生から、これを読みなさいと言われて買わされたナポレオン・ヒルの「成功哲学」くらい(その頃はこれと矢沢永吉の「なりあがり」だけ読んでました(爆))今回はそれ以来。そういう時期に来ているということらしい。いわゆるポジティブシンキングですね、行き過ぎは禁物ですが。。人生楽しく頑張りましょう!その本は秘密ですが、知りたい方は個人的に聞いてください~

 来週は、録音week。

|

« 日本の伝統 | トップページ | my birdがぁぁ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dies Irae:

« 日本の伝統 | トップページ | my birdがぁぁ »