« 今日のダウンタウンDXで | トップページ | 3年間の集大成 その2 »

2009年3月10日 (火)

3年間の集大成、その1

 昨日は、僕が院生の時から関わってきたミュージックシェアリングの楽器指導支援プログラムの3校合同発表会の日でした。JTアートホール アフィニスにて。僕にとっては「発表会」というより「演奏会」という感じでした。サントリーホールと意外と近いことが判明。ブルーローズとどちらがエクスペンシヴなのでしょうか・・

 3校それぞれ(僕の指導していたのはそのうち2校)の発表の後には、合同演奏の「ボレロ」があるため、まずそのリハーサルから。勿論事前に楽譜が配られて、約束事が決められていたにせよ、実際音を出してみると、多少の食い違いが生まれてしまうものです。それでも、最後はしっかり終われて一安心。ボランティアのステージスタッフの方もたくさんいて動いてくださり、リハーサルは、時間内に収まり、開場。

 一つ気懸かりなことが。前日まで、練習にはほぼ毎回参加していた男の子が、当日熱を出してしまい、本番までには来るということに。。しかし、連絡が途絶え途絶えになってしまい、今どこにいるのかわからないままに、開演!

 まず、筑波大附属桐が丘特別支援学校から。2曲を演奏。バンド部として、活動していたところに、支援プログラムが入り、打楽器の人数が増加!今回も、カホン&ウィンドチャイム、大太鼓、マラカス、タンバリン&小太鼓と、多くの打楽器、そこにトランペット、ベース、キーボード、ハンドベルが入っての演奏でした。舞台で、スタンバイ、そこにライトが当たって、客席からの拍手、そして静寂。演奏会独特の雰囲気の中で、多少緊張気味?に始まった感じはありましたが、この学校には本番が必ず一番上手くいく生徒がおり、今回も例に漏れず、バッチリ。僕も一緒に隅で演奏してましたが、笑顔で演奏できました。あっという間に終了。満員の聴衆からの拍手!良かったねぇ♪

 そして、横浜国大附属特別支援学校の番・・しかし、生徒到着ならず・・臨時の休憩を入れるも、流石に待てないということで、到着次第、参加ということで、開始。それまでは何とか先生の代演で持ちこたえることに。

 こちらは、支援プログラムの開始と共に、音楽部を立ち上げ、参加者を募りました。部活動なので、1年ごとに変わってもいいのですが、3年間やり続けてくれた生徒もいて、感謝です。こちらはマリンバ、ヴィブラフォンの鍵盤楽器と、太鼓と、サックス。4曲を演奏、2曲目「カントリーロード」にはサックスのソロ(彼なら出来るだろうと、勝手にアレンジ)もあり、ノリノリで吹いてくれました。そこまで終わったところで、ようやくI瀬君到着。3曲目の打楽器のみ「星に願いを」から参加、最後の「ポニョ」では、しっかりドラムを演奏してくれて、一安心。

 もうちょい、あるので、続く!

|

« 今日のダウンタウンDXで | トップページ | 3年間の集大成 その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年間の集大成、その1:

« 今日のダウンタウンDXで | トップページ | 3年間の集大成 その2 »