« at 小倉 | トップページ | 今日のダウンタウンDXで »

2009年3月 3日 (火)

マルチ邦楽器

小倉から無事帰還、ホールから飛行場まで、電車とバス、乗らなきゃいけないリミットの15分前に録音終了!

Photo 名前の通り「響」の素晴らしいホールでした。

一番大きな編成は8人、マイクに向かって円状にならんで録音。

Glock グロッケン演奏していたら、マレットが欠けた・・そんなに力入れてたつもりないのに。。結構主力マレットだからショックです。欠けてない面で演奏すると普通に音は出てましたが。

今回録音のプレイバックを聴きながら、「マイク」と「耳」の違いが結構あって(金属系の音を、ビックリするくらいマイクは拾ってくれる)こっちはピアニッシッシッシモくらいの音量で演奏していても、マイクにはmfくらいの音量で入っているのには仰天しました。CDが出来上がるのが、とても楽しみ。

 帰ってきて、今週にせまった演奏会の指導に横浜へ。当日は某ジブリ映画の音楽担当の方、の奥さんが会場に聴きに来てくださることがわかり、「ポニョ」の練習にも気合が入りました。ボレロもいい感じです♪

 夜はサントリーホールへ京都市交響楽団を聴きに。入り口には提灯(行灯?)、客席には着物姿の女性がいっぱい。しかし、プログラムは全て米国産。バーンスタインの「ディベルティメント」、アンコールにはアンダーソンの「forgotten dream」。大好きな曲で、充実した演奏会でした。終了後の宴会も、18時開演だった為(普通は19時から)、充実したものになりました(笑)

 昨夜は安藤先生の箏リサイタルに賛助出演させて頂きました。6年前から、お付き合いさせていただき、おかげで縦譜もスラスラと読めるように。

Photo_2 昨夜の「春陽楽」では過去最多の打楽器を並べました。

大太鼓、締太鼓、鞨鼓、タンバリン、木魚、鐘、鈴、銅鑼、トライアングル。流石に多すぎて、早くから楽譜を渡され、一人で全て音が出せるかをチェック、足で演奏するわけにはいかないので。。同時に2音までしか出なかったので、お引き受けして演奏しました。

 当の先生は箏の他に曲によっては胡弓も弾かれ、流石の演奏。途中、子どもの歌も入り、客席も盛り上がってました。後半は客席で聴かせてもらい、音色の美しさに感動。民族性・・というと大袈裟かもしれませんが、一番後ろから客席を見てて、ふとそんなことも考えさせられました。僕がティンパニを演奏する意味とか。。

 色々充電して、次頑張ります。

|

« at 小倉 | トップページ | 今日のダウンタウンDXで »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチ邦楽器:

« at 小倉 | トップページ | 今日のダウンタウンDXで »