« 何年ぶりかの再会 | トップページ | 空き日 »

2008年6月 9日 (月)

防ぎようの無い犯罪

 昨昼、本番の為、朝に秋葉原駅で乗り換えて錦糸町へ向かいました。リハ中にあんな悲惨な事件が起きているとは知らず。。

 今日別の本番で、亡くなられた方の中に、現役の芸大生がいたと聞き驚き、ニュースを見て色々調べているうちに、ますます悲しくなりました。

 本当に残念としかいいようがありません。未来ある見ず知らずの他人の命を奪えるその人間性、最近の犯罪は度を越しているものが多すぎて。。もう自分で制御できるレベルを超えているものがありすぎるのかも。茂木さんの本の受け売りですが、

 一昔前までは、パソコンがなく、移動手段も多くなく、それぞれの人生で出来ることが限られてました。学者は膨大な資料の中から文献を調べ、ない資料を探しに何年もかけて世界を探し、それに一生を捧げる人もいたと。

 今日では、移動手段、通信手段及び情報量の処理速度のめざましい発達によって、世界各国に大体24時間かからず行けて、行かずともネットで顔を見て話が出来、何ギガバイトもの情報をたかだか数cmのカードに入れて持ち歩けます。もう、人が一人で抱えきれられる「限界」をとうに超えているそうです。これからもそれは続いていくでしょう、それだけ「便利」にはなっていきますが。

 そう、「何でもあり」な世の中にどんどんなっているのかも。色んなことが。表が増えりゃ、裏も増えって感じで。

 この雷を伴った激しい激しい雨は亡くなった方の怒りでしょうか。今日演奏してきたのは悲愴。
 悲しみのどん底に突き落とせる人の力。少しでも逆の方向に自分の力を使うことが出来たら、と心に誓います。

|

« 何年ぶりかの再会 | トップページ | 空き日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防ぎようの無い犯罪:

« 何年ぶりかの再会 | トップページ | 空き日 »