« いい指揮者、いい音楽 | トップページ | 眠い~ »

2007年5月27日 (日)

例え話。

 僕はとある田舎町の成り立て料理人です。ある日、世界でも名高い超一流レストランが、隣の町に出張に来るというので、ディナーを食べに行きました(料理の勉強という意味で)。そのレストランのシェフの料理は食べたことがなかったのですが、そのシェフを含め世界で作れる人が数少ない「オマール海老のシャングリラ仕立て」はとてもおいしく、昔、1度食べたものの味が忘れられず、その秘伝のレシピを手に入れた僕は、レシピ通り自分でも作ってみたのですが、なかなか上手くいかなかったので、その出張レストランまで食べにきたのでした。電車を乗り継いで隣町まで行き、料金も前払いで、支払いました。

 何十人もの人でテーブルを囲んでいると、料理が次々と出てきます。「ムール貝と~のムース」「子牛の~風ソテー」食べたことのない人たちは「おいしいね!」といいながら、楽しく食べています。僕は、「噂ほどじゃないかな、期待しすぎたかなぁ。。」と思いながらもせっかくなので、一応おいしくいただいてました。

 そこにやっと楽しみにしていた「オマール海老のシャングリア仕立て」が出てきました。ほほう、早速食べてみると

 ん?

 確かにオマール海老は使ってますが、味付けが(以前食べたものや、自分が作ったのと)全然違います。どこをどうすれば、こうなるのか検討もつきません。というより、レシピには塩や、醤油(たとえ話ね)など、塩分を使った調味料しか書いていないのに、明っらかに甘味料の味がしてきます・・

 しかし、その「オマール海老~」の料理は、一般的にほとんど知られておらず、それはそれで料理として食べられるので、他のお客さんは「うん、これはこれでおいしいね!」ともぐもぐ食べてます。

 でも、僕は他の料理ではなく、この「オマール~」を食べる為だけに来たっていっても過言ではないほど、楽しみにきたんです!!なのに、その世界一流と呼ばれるシェフは、明らかに違うレシピを使い、それをあたかも「これが『オマール海老のシャングリラ風』って料理ですよ」と出してきました。その後に出てきた創作デザートも一応いただきましたが、食後のコーヒーが出てくる前に、疑問を感じた僕はレストランのオーナーの元へ行き、

「あの~すみません、今日の『オマール海老~』のレシピ見られたことありますか?」と聞くと、「いいえ、ありません。」と言われました。

「僕も秘伝のレシピを持ってるのですが、どう作ってもあんな味にはならないと思うんですけど」(僕)「はぁー、そう言われましても…私も料理やったことありますが、和食でして…」(オーナー)

「他のお客さんは、あの味を食べたことがないからわからないかもしれないですが、僕は以前食べたこともあるし、レシピも持ってます!あんな味にはなるわけないんです、それを『オマール~』と出すのは一種の詐欺ではないですか?違う料理なら違う料理名をあらかじめ言ってくれればいいのに!!(それなら僕は食べに来なかったけど)僕がはるばるここまで来た時間をどうしてくれるんですか?こんな料理にはお金も払いたくありません。」と言うと、オーナーはこう言いました。

「でも、あなた、食べたでしょ?」

…… 

・・・・

 そりゃ、食べたよ!お金も払う気で勿論来たよ!その「オマール海老のシャングリラ仕立て」だけ注文は出来ないからわざわざコース料理を頼んだやん!

 なのに、最後に(そりゃ一番最後にデザートはあったが)楽しみにしてきたものが

全っ然違うもの出されて、金払いなさいってか??僕には

「どうせ、田舎者は何出されたって、一流シェフが作ったってなれば、おいしぃ~~って食べるだろ?適当に作ってりゃいいのよ。」って侮辱されてる気にもなります。というより、なっています。

 さて、皆さんどう思いますか?これが「料理」ではなく「演奏」だったら?

 ムカついて夜も寝られません。。明日も本番なのに~~~

|

« いい指揮者、いい音楽 | トップページ | 眠い~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。前から読ませていただいていましたが、この記事を読んで思わずコメントさせていただきました。
私は先日Saunter Concertをやった高校でパーカッションを担当している者です。最近部長さんにティコティコのドラムを窪田先生の代わりに文化祭で叩いて欲しい、と頼まれました。しかし、コンクールの曲も決ったばかりで、練習する余裕もないので断らせてもあらう事にしました。それでも、諦めずしまいには「誰でもいいから、文化祭だし適当でいい。」と言われました。そんな事を言われてまでも、その話を受けるべきでしょうか?
長文失礼しました・・・

投稿: るみ | 2007年5月27日 (日) 13時38分

>るみさん
どうも、えーっと僕が決まる前に少しドラム代わりにやってくれていた子でしょうか??
コンクールの曲も大変なのかな?でもドラムいないと曲なりたたないしねぇ。誰か他にやりたい子はいないでしょうか?打楽器の花形なのに!!俺が高校生だったら飛びついてたなぁ。
「適当に~」っていうのはよろしくないよね、あの男の子はどう?

投稿: kuboken | 2007年5月27日 (日) 23時43分

はい、そうです。
他は・・・その部長さんがパーカッション全員の前でそのような発言をしてしまった事もあり、やりたがる人はいないかもしれません。男の子もはっきりとはいいませんが、「やってもいい」という印象は受けませんでした。
それから、その言葉を言われて余計にやりたくないと思いましたが、私が本当にやらないとしたら誰かが代わりにやる事になって・・・その人にも私と同じような思いをさせてしまうのではないか?結局全て私の我が儘じゃないのか?とも考えています。

投稿: るみ | 2007年5月28日 (月) 00時52分

>るみさん
どうしても誰もその曲のドラムをやる気がおきないのなら、一度パート内で話し合って、もう1回選曲からやりなおしてみたらいいんじゃないかな?パートリーダーにも相談…できるといいねえ。

投稿: くぼけん | 2007年5月28日 (月) 01時34分

そうですね・・・。
ありがとうございました(*^□^*)

投稿: るみ | 2007年5月28日 (月) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例え話。:

« いい指揮者、いい音楽 | トップページ | 眠い~ »