« 突然のチャンス | トップページ | アスベスト工事 »

2007年2月14日 (水)

24歳ということは

「これから24年目生きます」っていうのではなくて、

「24年間=8766日(閏年が4年に1度なんで)=210384時間…以下略 をこの世に生を受けてから生きてきました」ってことなのね。

 21万時間って…なんだか、そんだけ?って感じがしなくないけれど、時間は少ないようで膨大で無限ではなく。その中の今日は24時間を生きていくわけで。

 今日(昨日?)は朝からお仕事、午後は大学で練習、途中メトロノームのアダプタを買いに秋葉原へチャリで向かって、表通りの店を詮索した後、通りですれ違ったスーツ姿の女の子とその上司らしき人物。高校のクラスメートに一瞬似てるな~って思ったけれど、まさかね~と思ってたらその上司らしきおじさんが、女の子と別れ際に

「じゃあな、T!」

と言って去っていきました。はは~、これは間違いなく同級生だが、さて声をかけるべきか否か?向こうは見るからにお仕事中(もしくは営業が終わりたてくらいかな?)、はてさてこっちは、Gパンに赤いジャンパー、ママチャリに乗って秋葉原を散策中…しかも未だ学生…

 一瞬で判断して、自転車を逆方向に走らせました(笑)だって、逆の立場だったらあまり会いたくないし。よっぽど会いたい願望があるべき人に偶然再会したなら、身なりなんて考えてなかったけど、今回はちょっと勘弁!また同窓会とか、ちゃんとした場で。

 大学に帰ってちょっと練習してから、杉並公会堂へ先輩方の打楽器アンサンブル演奏会を聴きにまたもやチャリで。今度は寮にある方のだけど。これまで新杉並公会堂で、リハーサルや、演奏をしたことはあったけれど、演奏を聴く方は初めてで、とてもおもしろかった。このホール、大学のホールと同じ設計会社が作っているようで、感じがとても似てるんだけど、改良がされている感がとてもあり、音の通りが素直で、好感が持てるホール。打楽器アンサンブルにとても向いてると思った。演奏もさすが、いぶし銀のアンサンブルでした。終わって寮に戻って、寮の会計。寮費滞納している皆さん、お願いだから払ってね。

 などとやっていたら、23歳もあっという間に終わっちゃいました。一昨年くらいまで、毎年寮の側のクリーニング屋が「誕生日のみ半額!」という変わったセールをやっていたため、誕生日当日はそこに溜めに溜めた冬物を持っていくのが日課(年課?)になっていたんだけど、いつの間にかなくなっちゃった。今年は何をしようかなあ。年男で、本厄年。後々振り返ったときに「あの年はよくやってたなあ」と思える年に出来るよう、がん、ばり、ます! 

|

« 突然のチャンス | トップページ | アスベスト工事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

♪Happy(。´_●`)ノ"┌iiii┐ヾ(´○_`*)Birthday♪


聖なる日に、生まれし君!

しっかり前を見据えて~生きて下さいませ。

24歳!おめでとう!

投稿: 浪花のアッコちゃん | 2007年2月14日 (水) 06時57分

>浪花のアッコちゃん
ありがとうございます!しっかり~見据えているつもりが~裏目に出たり~これだから、人生おもしろい! と、ポジティブに思えるよう生きて行きたい今日この頃…

投稿: kuboken | 2007年2月15日 (木) 16時42分

某学校のPC室から、同僚Sと読んでます。
24歳おめでとうございました。
若いなーいいなー。
(Sは同じと歳ですって。)
陰ながらいつも応援しています。

投稿: | 2007年2月20日 (火) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24歳ということは:

« 突然のチャンス | トップページ | アスベスト工事 »