« 更新する間も無くて… | トップページ | ココログ不便。 »

2006年10月12日 (木)

ルツェルン祝祭管GP!

 本日11時よりサントリーホールにてルツェルン祝祭管弦楽団の青少年の為の公開GPがあり、僕は直接チケットを当てられなかったのですが、行けなくなった友達がいて(しかもその子は明日の本番のチケットを買っていて明日聴ける)幸運にも、代わりに行かせてもらうことが出来ました。

 曲は一昨年PMFで演奏したことのある、マーラーの第6交響曲「悲劇的」。

 感想はまさに「言葉に出来ない」に近いものがありました。す、すごい。何がというか、何もかも。去年、読売日本交響楽団さんにエキストラで乗せていただいた時に、コーリャ・ブラッハーというvnの人でショスタコのコンチェルトをやりました(僕は降り番だったので聴いていたのですが)この人めっちゃ上手だわ~と思っていた人が、コンサートマスター。しかもそのクラスの上手な人が各セクションのトップを占めていて、ソロが巧いのは当たり前、アンサンブルも一糸乱れぬ様子(日本ではまだそんなに練習してないだろうに)、弦楽器、管楽器、打楽器の音がクリアに、強烈に客席に一丸となって飛んでくる。初体験でした。ちょっと次元の違う世界を見てしまったような。。

 打楽器セクションはティンパニ、シンバルが抜群に良かったです。首席ティンパニはミュンヘン音大でも教えてるレイモンド・カーフスという男性。使っていたバチはほぼ全てKATOmalletでした。ppのニュアンスが素敵でした。あと特筆すべきはトランペット。ドイツ、カールスルーエ音楽大学で教えているラッパのおじさんはすごいと聞いていたのですが、納得。脱帽でした。ラインホルト・フリードリヒ。覚えておこうっと。多分彼の弟子が去年の管打コンも、今年の日本音コンも残ってるあの男の子なんだろうなあ。

 GPでこの演奏ということは、本番は…と期待が高まるのですが、行けません(T T)しかも今日は2回のSS席と呼ばれるほどの席で聞けたから余計にそう思うのか…とてもとてもいい刺激をもらいました。余韻に浸りながらティンパニさらってます。

 

|

« 更新する間も無くて… | トップページ | ココログ不便。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

TPすごいよね。今マイコンで残っているのは彼の弟子だよ。
管打のときはちょっと軽い気持ちででちゃったらグランプリとっちゃってショックだったんだって。とてもへたくそにふいちゃったから・・・。
でも今回はグランプリを取る気満々で望んでいるんだって。
フリードリッヒの弟子、みんな上手すぎ・・・。
もし彼らがマイコン受けちゃったら、誰も日本人がグランプリ残らないだろうなぁ。。。
ルツェルン挑戦するの?

投稿: panda | 2006年10月12日 (木) 21時20分

>パンダ
 軽い気持ち…おいおいって感じだね(笑)グランプリに相応しい演奏だったと思うけど。日本音コンねえ、今回は是非日本勢にリベンジしてもらいたい!!先輩方頑張って~打楽器は無いけどね(涙)多分10年経っても打楽器部門は生まれないな。

投稿: くぼけん | 2006年10月12日 (木) 21時43分

ここのオケ、あるヴァイオリニストも絶賛してました!
久々だと、こんな素晴らしいのは。
私も是非聞いて見たかったなぁ。。。
トランペット、ティンパニ、ホルン抜群っておっしゃってました☆いいなぁ~~~~♪

投稿: てらまり | 2006年10月15日 (日) 10時27分

>てらまり
昨日ポリーニの公開GPもあったらしく、その時もすごい良かったらしいよ。また来年も来るといいのになあ。

投稿: くぼけん | 2006年10月18日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルツェルン祝祭管GP!:

» 読売日本交響楽団 [クラッシックの世界]
読売日本交響楽団読売日本交響楽団(よみうりにっぽんこうきょうがくだん、Yomiuri Nippon Symphony Orchestra)は日本を代表するオーケストラの一つ。世界唯一の新聞社オーケストラである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotat...... [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 19時20分

« 更新する間も無くて… | トップページ | ココログ不便。 »